読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

神保町「Cafe HINATA-YA」でチキンカレーを食べてきたよ

そろそろ万歩計を持ち歩いた方がいいんじゃないか、と思う。

f:id:rntriple6:20150620151547j:plain

OLYMPUS PEN Lite E-PL6を購入して以来、初めは写真を撮るための散歩だったのが、気がついたら「散歩したいからついでに写真撮りに行こう」に変化してきていて、毎週土曜日というわけではないのだけれど、ほとんど散歩している気がする。今日も3~4時間くらい歩いた。

事前にどこに行くか決めているわけではなく、当日の気分で「ここに行こう」と決めていて。今日は「スカイツリー見に行ったことないから押上あたりを散歩しよう」と思っていたはずなのに、直前に「暑いからあのスパイシーなカレーが食べたい」と思ったために、行き先を神保町に変更した行き当たりばったり加減。

ということで本日は、神保町の穴場的な場所にある「Cafe HINATA-YA」でスパイシーなチキンカレーを食べてきたので、簡単に紹介したいと思います。

それではいってみよー。

 手動エレベーターの先にある隠れ家「Cafe HINATA-YA」

私が1番初めに「Cafe HINATA-YA」を訪れたのは大学生の頃だが、小さな素敵がたくさん詰まっている場所を誰かに紹介したくてたまらなかった。理由は大きく分けて3つ。1つ目は「知る人ぞ知る」みたいな隠れ家的な場所にあって、ほっこりまったり出来る時間を過ごすことが出来るということ。

f:id:rntriple6:20150620125045j:plain

2つ目はなんと都内に2機だけ現存している手動式エレベーターに乗ることが出来るということです。ちょっと怪しげな入り口の暗い雑居ビルに恐る恐る入っていき、一方通行かと思うくらい狭くて急な赤い階段を上った先に、そのエレベーターは現れる。

f:id:rntriple6:20150620125110j:plain

到着のランプが点灯していることを確認したら、手動でエレベーターの表扉と内扉を開けて中へ入る。写真は内扉。表扉が重いので手で押さえていないと閉まってしまう。

f:id:rntriple6:20150620125128j:plain

なんだかちょっと牢獄に閉じ込められたかのような気分に浸れる。乗り込んで階数ボタンをグッと押し込むと、ガタンゴトンと揺れながら動き出す。何時止まるかちょっとわからないところがスリルがあって面白い。ワクワクする。

御飯とカレーの配分が難しいくらいスパイシーなチキンカレー

この場所を誰かに紹介したくてウズウズしていた最後の理由は、勿論チキンカレーである。神保町といえばカレー激戦区なわけだけれど、それとは関係なくここのカレーはとてつもなく辛くて美味しい。

f:id:rntriple6:20150620233040j:plain

欧風カレーではなく、じっくり炒めた玉ねぎをベースとしたサラッとしたカレーで、口の中に入れただけでホロホロと崩れるくらい柔らかくなっているチキンがゴロゴロ入っている。ミニサラダ付きで750円はとってもリーズナブル。

f:id:rntriple6:20150620233257j:plain

そして何よりも特徴的なのがターメリック、コリアンダー、クミン、レッドペッパー等の4大スパイスが深くしみこんでいる本格派カレーであること。店員さんも「辛いカレーですが、大丈夫ですか?」と注文の時に尋ねてくれるレベルのスパイシーさ加減。でもただ辛いだけじゃなくて、その辛さがカレーの旨みと直結している感じでとても美味しい。

あまり外で食べたカレーでもう1度食べたい!と思うカレーって、私の場合はあまりないのですが。Cafe HINATA-YAのチキンカレーは年に1度は食べたくなるくらい、美味しくてお気に入りです。ただ辛くて御飯が進むので、御飯とカレーの配分をきちんと考えないと、御飯が先になくなってチキンカレー単体が残るなんてことも、あるかもしれないので注意しよう。

本日のまとめ

神保町には読書をしたり、食事をしたり、ひと休みしたりできるカフェがたくさんある。今日訪れた「Cafe HINATA-YA」さんもたくさんあるカフェの1つなのだけれど、築50年近い古い雑居ビルの4Fという場所にあるからか、運がよかったのかこの日は空いて。混雑していそうな土曜のランチタイムでもぽかぽかした日和にまどろみたくなるような時間が流れていた。

店内は1・2人で座ることが出来るテーブル席が中心で、ひとりでも気兼ねなく過ごすことが出来るので、興味がある方は是非いってみて欲しいと思います。オススメは唯一外の景色を眺めながらひなたぼっこが出来る窓際のカウンター席。

また辛いのが苦手という人は店員さんに「マイルドにしてください」とお願いすれば、何とかしてもらえるらしい。昔はなかったのだけれど別料金で温たまを上に乗せたり、チーズをトッピングすることが出来るようで、そうすれば辛さを軽減できるのかもしれません。けれどオリジナルの辛さが一番好き、とても美味しかったです。ご馳走様でした。

Cafe HINATA-YA
東京都千代田区神田小川町3-10振天堂ビル4F
【営業時間】:11:30~22:00
【ラストオーダー】:21:00
【定休日】:日曜・月曜・祝日