読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

お洒落なグランツリー武蔵小杉で、ひとりごはんしてきた

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

私はだいぶ仕事が本格的なものになってきて、仕事の手順を覚えるだけでなく決められた時間内に仕事を終わらせ、かつ仕事の精度を落とさないというハイレベルなことを求められて、四苦八苦しながら毎日仕事をしています。

ふと気を抜くと会社と家を往復するだけ。通勤電車内でねこあつめをいじるだけで、あとは家に帰って寝るだけで1日が終わってしまうなんてことも増えてきました。ということで本日は仕事後の気分転換として、通勤途中に出来たグランツリー武蔵小杉を探検しつつ、おひとりごはんをしてきたのでその様子を紹介したいと思います。

それではいってみよー。

北口と南口でガラリと雰囲気が変わる武蔵小杉 

ここ最近は仕事の関係で時々訪れている武蔵小杉駅ですが、北口から見える景色と東京急行電鉄がある南口からみえる景色では、その雰囲気が変わります。例えるならば、雑居ビルの立ち並ぶ下町と超高層マンションが立ち並ぶセレブの住まうお洒落な街が同居している感じ。本当に同じ街かと疑いたくなるレベル。

さて今回の目的であるグランツリー武蔵小杉ですが、去年の11月22日に出来た比較的新しい商業施設でファッション、インテリア&生活雑貨、レストランなど幅広いカテゴリを網羅し、全160のテナントが出店するという巨大な施設です。個人的に1Fにレストラン街があるというのが画期的だと思います。

そして辿り着いたグランツリー武蔵小杉の外観はこんな感じ。でかいですね。

f:id:rntriple6:20150417220110j:plain

内観の写真は人がいっぱいだったので撮ってきませんでしたが、入り口から入ってすぐの目の前にライトアップされた噴水と待ち合わせ用に大量のベンチがありました、空間を贅沢に使っていることがよくわかる象徴のようです。

私はそもそもが夕食を求めての入店なので1Fしか歩き回っていませんが、フロアは大きく右端・中央・左端の3つのエリアに分かれていて、右端は食品売り場、中央にファッション系、左端がレストラン街になっていました。それにしても人が通行するための道幅の広さ、煌びやかなテナント、全てが眩しい。

手作り和スイーツの実演が目の前で堪能できる「雨時々小豆」

f:id:rntriple6:20150417221025j:plain

実際、グランツリー武蔵小杉にいく前日まで、レストラン一覧を眺め倒し、何を食べに行こうかなぁと考えに考えていたのだけれど。直前までここにしよう!と決めていた店ではない、この小豆専門の和カフェに入ることにした。

このお店に決めた理由は、ズバリカウンター席があること。写真は撮ってきていないのだが、カウンター席にはガラスの敷居があって、ガラス越しに店員さんが作っている甘味の準備工程を間近で見ることが出来るのだ。勿論、自分の口に入るものの過程を見られるというのは安心安全という意味合いもあるけれど。小さな頃、ケーキ屋さんのショーウィンドウに張り付いてケーキ作りの実演を見るのが好きだった私にとって、これはとても興味深かった。

甘味だけではない「本日の日替わり御膳」がオススメ

今回は甘味目的で来たわけではないので、オススメされた抹茶パフェには見向きもせず、メニューの中で一際お洒落だった本日の日替わり御膳(980円)を注文しました。

選べる手作りおこわ(桜海老のおこわ or たけのこ御飯)+日替わりのお惣菜5種類+お味噌汁+本日の甘味というボリュームがありつつ、栄養バランスもしっかりしていそうな、体にやさしめなラインナップです。ちなみに私が選んだのはたけのこ御飯。

f:id:rntriple6:20150417222242j:plain

いろんなお惣菜を少しずつ食べられるというのが良いし、盛り付け方がお洒落。塩分控えめで最近胃腸が弱っている私にはちょうど良かったです。お味噌汁は少ししょっぱいかなぁと思ったのですが、大好きなとろろ昆布が入っていたので美味しさ倍増。

たけのこ御飯の塩加減がちょうど良かったです。たけのこだけではなく小豆が入っているのですが、雑穀御飯を食べているかのような感じで御飯が進みます。通常食べる御飯の2倍は量がありましたが、ペロリと完食してしまいました。予想以上に美味しかったです。誰かに教えてあげたい隠れたオススメ御飯です。

せっかくなので食事にドリンクセットをつけて、伊勢のかりがね茶という聞いたことのない緑茶を頼んでみました。ポットサービスで出てくるので3杯くらい飲めるお得感がいいですね。お茶請け御菓子で硬い方の八ツ橋もついてきます。ちなみに2杯目は茶柱立ってました。

f:id:rntriple6:20150417223600j:plain

もともと御飯を食べるのは遅いほうなのですが、店員さんがごゆっくりと言ったこともあり、写真を撮りながらまったり1時間以上カウンターに居座りました。とても美味しかったです。

本日のまとめ

夕食時、家族連れやカップルが闊歩するお洒落なグランツリー武蔵小杉で、カウンター席ひとりごはんしてきた。お洒落で高級志向な商業施設の雰囲気に圧倒され、武蔵小杉は私のような人間が住む街ではないなという評価を心の中で下したりしてましたが、行ったことのない場所、見たことのないお店を見て回るのはとても面白かったです。気分を変えるという意味でも。

休日は混雑していると思われるので平日の夕方頃が穴場な時間帯なのかもしれません。直前までタイ料理を食べようかなぁと思っていたのですが、ここを選んで正解だったと思っています。ただの甘味処だと思っていたら食事系にも力が入っていてとても美味しかったです。ごちそうさまでした、今度行くことがあれば甘味も食べてみたいです。

雨時々小豆グランツリー武蔵小杉店
武蔵小杉駅から徒歩5分
営業時間10:00~21:00

関連ページ 

www.grand-tree.jp