読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

旅の新しい相棒、ミラーレス一眼「E-PL6」買ったよ

日記 挑戦 興味

突然ですが、ミラーレス一眼を買いました。

きっかけは、1月に神山塾生として徳島県神山町に行った時のこと。1週間生活を共にした仲間がカメラを使いこなしていて、味のある写真を撮っていた。過去に会ったことがある旅行家さんは「写真に良い悪いはない」と言っていたし、私もそう思っているけれど、自分の見た世界を自分視点で残しておきたい。

空想島では食レポや温泉旅行の場合はスマホのinstagramを使っているけれど、それ以外は基本的にぱくたそや足成に始まるフリー写真を多用している。もうちょっと自分で撮った写真を載せていきたいという気持ちもあったし、今年の目標が「新しいことに挑戦しよう」だったので、奥が深いカメラの世界に飛び込んでみることにした。ということで本日は、買ったばかりのカメラを片手に街に繰り出した話をします。

 選ばれたのは、OLYMPUS『E-PL6』でした

カメラと写真に興味を持って1ヶ月、どのカメラを買おうか調査していた。GoogleやNAVERまとめで情報収集していると、ミラーレス一眼は流行ってるけどコンデジの代わりにしかならないとか、カメラに変な拘りがないなら「Canon」「Nicon」「PENTAX」から選ぶと良いみたいなことが書かれていたけれど、全て無視した。色々吟味した上で自分が気に入ったモノを選べばいいじゃない。

ということを考えていた2月上旬、鈴木さんからタイムリーな記事が。


写真が上達したいのなら、数多くの写真を見よう!写真やカメラを題材にしているおすすめの はてなブログ - 鈴木です。

まだカメラすら買っていないけれど、どのカメラを買うか選ぶことはどのレンズでどんな写真が撮れるのかに関係するんじゃないかと思って。いろんな写真を見ることにした。

ちなみにカメラとレンズを組み合わせたプレビュー写真を載せているサイトでお気に入りなのが、カメラの販売・下取り・買取・委託のカメラ通販ショップMapCameraさん。カメラとレンズを使ったレビュー記事が豊富で見るだけでワクワクした。

マップカメラ | KASYAPA | 235:撮ることが楽しくなる『OLYMPUS PEN Lite E-PL7』 | OLYMPUS

そこで、OLYMPUS PEN Lite E-PL7に出会った。まずデザインが可愛らしい。女性に人気があるのも理解できるというものだ。レスポンスの良さとわかりやすい操作系が特徴。ビギナーからベテランまで楽しめると紹介されていて、なおかつ軽量なので持ち運ぶ時に疲れないという所も好印象だった。綺麗なボケが楽しめる単焦点レンズに惚れた。

しかしOLYMPUSの最新機種は高い、手が出せない。どうするべかと思っていたら、これまた最近購読し始めたカメラ関係のレビューが多く参考になるマルコメモ。さんからお買い得で性能的にもこのカメラがオススメという記事がアップされた。


【2015春】今買うべきデジカメはこれ! お買い得かつ性能的にもオススメのカメラを紹介します - マルコメモ。

その中に狙っていたE-PLシリーズがあるではないか。通常ダブルズームキットだと10万くらいするところ、まさかの63%OFFで半額以下。月末セールとのことだった。2月のお給料は3月に出るのでまだ給料がない、お金的には余裕はあまりないのだが。いつ買うのか、今だろぉぉぉ!と思い立って買った。

f:id:rntriple6:20150228223940j:plain

もちろん後悔はないぞ。ようこそ我が家へ、歓迎するよ。

晴れてる、散歩日和、写真撮りに街へ繰り出そう!

組み立ててみた。なんだこのフォルム、めっちゃカッコイイ。

f:id:rntriple6:20150228224029j:plain

いてもたってもいられなくなって、家の庭にある梅のつぼみ撮ってみた。

f:id:rntriple6:20150228110922j:plain

気のせいかもしれないけれど、いつもより写真が鮮明に見える。面白い。カショっていうシャッターを切る音が可愛らしくて、ワクワクが止まらない。

とはいえ私はカメラも写真も知識がない初心者。絞り、シャッタースピード、F値、ISO感度もちんぷんかんぷん。撮り方も何もわかったもんじゃない現状。にも関わらず、買ったばかりのカメラを組み立てたらテンションが上がったので思わず試し撮りに出かけることにした。晴れてたし。

初めはお散歩に最適な新宿御苑に行こうかと思ったのだが、カメラのディスプレイを保護するシートが欲しかったので、歩き慣れた御茶ノ水~秋葉原~御徒町付近を散歩した。

f:id:rntriple6:20150228131456j:plain

大体「アキバ行く」とか言いながら、聖橋から見える丸の内線を激写している気がする。別に電車オタクなわけではないけれど、電線などに邪魔されず奥行きのある景色が撮れる絶好スポットなのですよココは。あと地下鉄がこの一瞬だけ地上に出るっていうのがイイ。

案外穴場なのかも、秋葉原で気軽に食べられる精進料理

秋葉原。時々神保町や御茶ノ水を散歩するついでに歩いていくけれども、いまいちゆっくりと座って食事できる場所がない印象だった。けれどなにやらヨドバシカメラに行く途中の高架下に新しいお店が出来ていた。その名も「CHABARA AKI-OKA MARCHE」、日本全国の逸品を集めた商業施設だ。高架下のお店といえば、一番初めに思い出されるのは御徒町の「2K540 AKI-OKA ARITISAN」だ。

f:id:rntriple6:20150228160711j:plain

ギャラリー、工房、カフェなど「ものづくり」をテーマとした様々なショップがある場所。何も買わなくても歩くだけで楽しめる。過去と現在をつなげ、新しい人の流れを作っている気がしますね。話を戻すが、この「CHABARA AKI-OKA MARCHE」の中に精進料理が頂けるお店がある。

f:id:rntriple6:20150228151604j:plain

精進料理と聞くとそれだけで敷居が高い気がするが、このお店はカフェスタイルなので女性一人っていう人が多かった。こういう入りやすさはぼっちにはありがたい。

f:id:rntriple6:20150228144235j:plain

ランチは精進定食を選択。980円とはだいぶお高いが、御飯とお味噌汁は食べ放題だ。その日のお惣菜から好きなおかずを選んで、自分だけの組み合わせを作ることが出来る。全体が写るように写真撮影。栄養バランスがよさそう。

f:id:rntriple6:20150228144949j:plain

無駄に拡大してみた。私は高野豆腐+きんぴら+おからサラダを選んだ。おからサラダの盛り方がまるでアイス。高野豆腐はボリュームがあって美味しかった。

f:id:rntriple6:20150228145033j:plain

午後2時くらいに行ったのだが、外は人がたくさんいるのにここだけ時の流れが違う。人がまばらでゆっくりと静かに食事をすることが出来た。実は穴場なのかもしれない。ちょっとお高いけどオススメ。

迷って辿り着いたゆるやかな時間が流れる柳森神社

そのあと御徒町まで歩いていったり、そこから御茶ノ水駅に戻ろうとしたのだが、何時も通り迷子になった。高架下を辿っていけば戻れるんじゃないかという希望的観測だったのだが。そんなにうまくいくわけないよねー、知ってた。それからなんとか元の場所に戻ろうとして、謎の神社に辿り着いた。

f:id:rntriple6:20150228163700j:plain

手水舎にはアートフィルターかけてみました。

f:id:rntriple6:20150228163820j:plain

ちなみに有刺鉄線が張り巡らされているこじんまりした神社は(家に帰ってきてから調べて知ったが)柳森神社というらしい。境内には小さな神社が7つも合祀されていて、ご利益てんこ盛りである。神田明神に御参りしたくせにさらに+7回も御参りしてしまった。

あとネコちゃんがいてめちゃくちゃ癒された。普段は人が近寄ってきてもあまり逃げる素振りは見せないそうだが、今日は黒猫とやんちゃしてて興奮気味なのか動きが素早かった。

f:id:rntriple6:20150228164135j:plain

だからあまり近づいたら走っていなくなりそうだったのでズーム最大にして撮影。でもそれでもちょっと遠かったかもしれない。もうちょっと近くで撮りたかったなぁ。でも人生初、それっぽいネコ写真が撮れたので満足です。

今日のまとめ

カショカショとシャッターと切るのがとても楽しかった。ショルダーバッグのごとく首からカメラを提げて歩くと、撮りたいと思った時にすぐ撮れるからいいですね。重さもそれほど気になりませんでした。まだ始めたばかりだけれど、これからちょくちょく写真を撮って空想島の写真として紹介できればなぁと思っています。

でもたぶん、明日は筋肉痛ですね。