読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

アゴだしが入っている町田のしおらーめんを食べてみた

昼だというのに外を歩いていると首元からスッと入っている冷たい空気に体がブルブル震える。こんな日にはラーメンが食べたくなります。私だけかもしれない。普段は鶏がらしょうゆラーメンが好きなので、その系統ラーメンを探して新しいお店開拓をするのですが、今回は趣向を変えて塩ラーメンを食べてみました。ということで本日は、アゴ出しを使っている塩ラーメンが有名な「町田汁場 しおらーめん進化 町田駅前店」に行ってきましたので、簡単に紹介したいと思います。

 町田駅前に出来た新店舗「しおらーめん進化」

f:id:rntriple6:20141224111207j:plain

本店は町田駅から徒歩20分程度離れている大通りからさらに路地に入った所にあり、しおらーめんが美味しいと評判だということは知っていたのですが、実際に行ったことは一度もありませんでした。駅から遠いというのが難点だった、わざわざそこまで行く気にはなれない。けれど、新しく町田駅前に新店舗がオープンしていたことを遅れながら知り、どんなに美味しいものかとドキドキしながら行ってみました。

f:id:rntriple6:20141224111246j:plain

お店は雑居ビルの2Fにあり、町田駅の大通りに面したレンガ作りの狭い階段を上がった先にある。階段前には金色に輝く看板がかかっていてのぼりがあがっているものの、入り口が見えないというのは入店する勇気がちょっといるかもしれない。

外からお店の位置を確認した時は怪しいビデオ屋のように窓が一切なく、中の様子がわからなかったのでちょっと心配だったのですが、内装は明るく清潔。カウンター9席のみの小さなお店で、券売機で先にチケットを買う形式でした。

透き通るような黄金色のしおらーめん

メニューを見るとなんと淡口醤油らーめんがあり、醤油好きとして何を頼むか悩んだものの店舗名に「しおらーめん」とつくのだからきっと美味しいと信じて、やはりここはしおらーめん味玉乗せ(800円)を選択してみました。

f:id:rntriple6:20141224111405j:plain

こちらが、私がオーダーしたしおらーめん味玉乗せ。透き通るようにきらめく黄金色のスープ、ちぢれ麺ではなくストレートの細麺、そして割らずに一個まんま入っている味玉に存在感があります。私の大好きなメンマは少し小さめですが、なかなか美味しそうです。

まずはスープを一口。初めに口いっぱいに広がるのは鶏がらでしょうか。けれどしつこくなく、ブレンドされた塩とアゴだしの旨みと相まって、淡麗系の味わいになっています。キリッと引き締まった塩味の中に、ほのかな甘みがあってスッキリしています。これは蓮華が進む。アゴ出しはちょっと食べただけではわからないんだけれど、シンプルな見た目だけではなく深い旨みがあるところがそうなのかな。

そして何より気になるのが乗っているチャーシュー、なかなかの厚切り。トロっとした脂身のある部分ではなく身が引き締まっているチャーシューでしたが、2枚も入っていたので満足。半熟の味玉もトロっとした黄身とスープを蓮華に乗せて食べると、口の中で卵のやさしい味と塩味が交じり合って美味かった。

本日のまとめ

私が今まで食べたラーメンの中でダントツ一位は「青葉の中華そば」で変わらないが、たまにしょうゆ系ラーメンではなく、塩ラーメンを食べてみるのも面白いかもしれない。普段、塩らーめんを滅多に食べることがないので比較対象がまったくないのだが、町田駅からそれなり近いので、気になった人は是非一度食べてみて欲しい。来年も機会があれば、また新しい美味しいラーメン屋を開拓していきたい。美味しかったです。ご馳走様でした。

町田塩場 しおらーめん進化 町田駅前店【らーめん】

小田急線町田駅から徒歩3分
JR横浜線町田駅西口から徒歩5分
11:00~15:00 17:30~22:00
年中無休