読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

とあるニートの1日~案外規則正しい生活しています

ニート 日記 雑談

規則正しい健康的生活(実家住まい)を目指しています。

f:id:rntriple6:20141213140318j:plain

12月からニートになりそろそろ2週間が経過しようとしている。この2週間、基本的には相棒である8年パソコンと共に過ごしてきて、働いていた頃サボリがちになっていた空想島の開拓を積極的に推進してきた。

「すべてはFになる」ならぬ「すべてがN(ネタ)になる」の精神で、空想島が鬱蒼としたジャングルになるレベルで育ててきたわけですが、本日は誰に聞かれたわけでもないのに、私というニートの生活を解説しようと思う。

理由は簡単、ぬらひかるさん(id:nurahikaru)のブログ記事を読んで

【解説】ニートの1日!(はてなブロガーの1日ってどんな過ごし方?) - 数学は中二で卒業しました

自分にとっては当たり前に思っていた事柄でも記事になるのか!と、改めて目からウロコだったからである。だから私もやってみます。べ、別に、ネタ切れってわけじゃないんだからね。

「早朝」のお弁当づくりから始まる

実家暮らしのニートの場合は、大体家の中で肩身のせまい思いをしている。早起きして会社に向かう家族に睨まれて「ずるい」「いつまで遊んでいるの」と罵られることもしばしばある。ただそんなことでへこたれるようでは実家ニートは務まらない。何を言われてもとりあえず話だけ聞いておき、言い返して喧嘩を売ることはせず、黙々と家での自分の仕事を確立することが大切だ。

私にとっては、それが会社に向かう家族のお弁当を早朝作ることだ。時折起きることが出来ないこともあるが、基本的には私が用意するようにしている。まぁ前日の夕食の残りと冷凍食品を詰めて水筒にお茶を入れるだけなのだが、早く起きると気分がいいし、健康的な生活リズムが作れるので一石三鳥である。(ただし土日は別とする)

「朝」にやる5つの日課

空想島の巡回とぷよぷよクエスト

朝起きてまずやることは、空想島の巡回とぷよぷよクエストにログインすることだ。ベッド脇に置いてあるPCを起動させて、アクセスチェックをしてから1日が始まる。朝早く起きるために夜は早めに寝てしまうこともあるので、新しい記事をさらっと読み、はてなブックマークを閲覧し、Google Adsenseの状況をチェックしている。まぁ何をするわけでもなく見ているだけなのですぐに終わる。ぷよクエについてはログインボーナスを受け取るだけのお仕事だ。

朝食とめざましジャンケン

最近は治験薬を朝食の30分前に飲む生活をしているので、7時に治験薬→7時30分に朝食という生活をしている。その時めざましテレビを見ながら毎日ジャンケンをするのが日課だ。1週間以内に100ポイント貯まったら先着何名様かに当たる抽選に応募出来る。まぁ応募することは殆どないが、じゃんけんしてポイントを貯めるのが好きなのだ。今週はすでに100ポイントを超えていて、150ポイントを突破している。

掃除(洗濯・風呂・アイロンがけ)をする

普段、私達が学校に行ったり、仕事をして働いている時に母が一手に引き受けている生活を回していくための仕事を手伝っている。ある時とない時があるから毎日やっているわけではないが、母の負担を減らせるように工夫しているつもりだ。昼以降のブログ更新ややりたいことに集中するためにも、やらなければいけないことは先に終わらせてしまった方が楽である。面倒くさがり屋だからこそ、面倒なことは先にやる。

「昼」はネットの海に潜っていることが多い

書く内容が決まっていて、気が乗ればメモ帳にガリガリ書き始める・・・と言いたいのはやまやまだが、ブログネタはテーマとなる言葉がさらりと1行しか決まっていないことが多い。メモ帳に書きたいテーマが1行で書き溜められていて、その中から今書けそうなテーマを決めてから、文章を考え始めるというステップを踏んでいる。

まずテーマから考えられる自分の言葉を書き殴った後に構成を整えているので、ブログ執筆にはとてつもなく時間がかかっている。お昼はずっとブログを書いているか、ブログが思い浮かばない時は購読しているブログを読んでいたり、ぷよぷよクエストをやっていたり、安いPCを探してオンラインストアを物色していたり、求人を眺めていたり、Twitterで色んな人にちょっかいを出したり、インターネットをしていることが多い。もしくは歌っている。気がついたら夕方になっていることが多い。

「夕方」頃から夕食のメニューを考えて準備し始める

派遣とはいえ仕事をして働いた時や大学から帰ってきた時でも、いつも母親が食事を用意してくれていた。それを当たり前のように思っていたが本当はそうじゃない。家族として1つの家に住んでいるからこそ、協力し合うことが大切だ。
そういう所もニートになって家の仕事をすることで改めてわかったことである。家にいることが多くて(お金はないが)時間は山ほどある私だからこそ、忙しい人の負担を減らすために夕食の手伝い・および準備、夕食後の片づけを一手に引き受けている。ニートでもやれることは結構たくさんある。だらだらしているだけじゃないのよ。

夕食時のお仕事が終了してから寝るまでの時間で、ブログを更新したり、ブログを購読して反応を返したりしている。ひと段落した時はブログから離れて二次創作小説を読んでいたり、ニコ動のゲーム実況をひたすら見ていたり、けん玉をしていたり、pixivでイラスト巡回をしている。まぁ遊んでいるわけですね。

非効率きわまりない、ブログ執筆にかかる時間について

ついでにブログ執筆にかかる時間についても、書いておこうと思う。私の場合は構成を考えずにぶっ通しで書きなぐって1時間。構成や文章の流れを考えて書き足したり削ったり、誤字脱字チェック、どんな画像を挿入するか、見た目に不具合がないかをチェックしてする時間を足すと軽く3時間以上は費やしている。なんという非効率。雑談系の軽い内容だと全て込みで1時間程度で投稿できる場合もあるが、「仕事・働く」カテゴリの真面目系記事だと3時間以上はかかりますね。

もしかすると同じようなテーマで書いている他のブログを閲覧して、「この人はこういうことを考えていて、こういう流れで話題を展開しているから、じゃあ私はこっちの視点で書いてみよう」とか別のことを考えているからかもしれませんが。

今はニートで暇しているから1日に1記事以上のペースを保っているけれど、働きながら継続できる人や1記事以上書いている人を見るとすげー!って思います。

本日のまとめ

聞かれてもいないのに、勝手に私のニート生活を暴露してみた。「生活リズムを公開してもなんのネタにもならぬ!」と思っていたが、案外書くことがたくさんあってとても驚いている。

案外、健康ですこやか、かつ規則正しい生活が送れているように思う。これはまぁ会社人の方々が会社で働いている時間帯に家にいるからだろ!と色んな人に後ろから刺されてしまうかもしれないが、充電期間も大切だと思う。

働いていた頃の私を客観的に見つめ直して、自分に足りなかったことを振り返ったり出来る程度には精神的ストレスが減ってきたように思う。空想島の現状からもそれは明白で、働いている時ほど仕事に関する怨念は湧いてこなくなっている。これからは来年に向けて次はどうやって働こうか、生きて行こうかも少しずつ考えて行きたい。

派遣でもアルバイトでもいいから1年以上~長期的に働ける場所を見つけたいです。