読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

今を生きることは食べることに似ている

私が今働いている職場は残業がほとんどなく定時退社出来る所が利点だ。ただその代わりと言ってはなんだが月曜~土曜までの週6日勤務だ。そうつまり明日も仕事だ。

働き始めてそろそろ2か月。たった2か月の間に幾度となく仕事を続けることに挫折しかけ、本当に体調が悪い時以外にも実はちょくちょくサボってきたこともあった。だが今回初めて休暇を貰った。もぎ取った。派遣社員に有給という文字は存在しないので無給休暇なんだけど。

 ここ2か月の中で一番テンションがあがった

「明日、会社の人が普通に働いている時に休めるなんて最高だ!」

1週間の仕事が金曜で終わるという切ない幸せを抱きながら、私はここ2か月の中で一番テンションが上がったので、1人ラーメンに出かけた。特に理由はない、無性にしょうゆラーメンが食べたくなったからだ。

f:id:rntriple6:20140926225016j:plain

今回選んだお店は新宿にあるらぁめんほりうち。選んだ理由は帰り道で通りかかることと醤油ラーメンがあることだ。店構え的にはちょっと入りにくかったが問答無用で入店。初めてのお店に突撃して1人ラーメン余裕です。

f:id:rntriple6:20140926225119j:plain

頼んだのは最も安い正統派しょうゆらぁめん。スープが黄金色で透き通っている。本当の所はわからないが、鶏ガラっぽい透き通ったスープが昔ながらのしょうゆラーメンを想わせる。

f:id:rntriple6:20140926225242j:plain

ラーメンの具は無造作に切ったメンマ、びっくりして思わずかぶりついてしまったが、見たことのないくらい厚切りチャーシュー1枚ドーンと乗っていた。あとはネギ、海苔、ホウレンソウ。味玉がなかったのがちょっと残念。

事前に口コミを確認していた時は麺の量が多くて女性は食べきれないかもしれないと書いてあったのですが、余裕でした。隣にある満来という表面張力ラーメンに比べると、量は適切だったと思います。

夕食時にも関わらず店内に私以外に誰も客がいなかったので、正直お店の存続が心配でしたが、らぁめん自体はとても美味しかったです、御馳走様でした。

本日のまとめ

今現在を生きることは難しいという話をちょっと前にしたが、

仕事のモチベーションうんぬんはこの際置いておくとして、今この瞬間を実感として最も簡単に感じることが出来るのは食べることではないかと思った。

今回の私のことを例にあげると、ラーメンを眼の前にしてラーメンのことを考える。メンマを口にいれて咀嚼しながら「メンマ美味しい」と思う。スープを飲んでみて「私好みだなぁ」と感じる。麺をすすって「平打ち麺あんまり好きじゃない」と考える。

毎日の生活に悩みは尽きないのだけれど、この瞬間だけはその悩みから解放されている気がする。だって本当にラーメンのことしか考えてないから。美味しいなぁってことを全力で感じている。

家で御飯を食べる時は普段テレビを見ながら食べることが多いし、家族と会話することも多いから、そのことだけを考えるってのは実際は難しいかもしれないけれど。こんな風に考えると今を生きることは誰にだって簡単に出来そうな気がする。

大丈夫、私だって今をきちんと生きているよって実感できる。

御飯を食べよう。もっと御飯を感じよう。