読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

ハートネットTV File5:死ぬなら、逃げろ 起業家・家入一真を見た

日記 雑談 働く・仕事

月曜といえば、私が毎週見ているのはNHKでやっている「鶴瓶の家族に乾杯」なのですが、本日20時のハートネットTVに家入一真さんが出演されるということを知っていたので、録画しておいたハートネットTVを見てみました。今日は、本当にサックリと思ったことをメモしておこうと思います。

胸がいっぱいになった

なんだか胸の奥底から湧き上がってくるものがあって、涙が出そうになるのを必死に押さえこんだ。なぜか?「あぁ、わかるなー」と思うところがたくさんあったからです。

例えば人の目を見て話すことが出来ないという話とか。私は、今でも人の目を見て話すことも、人の和に積極的に入ることも出来ません。

例えば学校に行けなくて、神社の裏にある森に1日中隠れていたとか。正直、私かと思いました。私の場合は、恥ずかしながら、小学生でやるようなことを社会人でやっていたので……。

例えば一秒でも長く会社から離れたいがために、昼食時は神社まで逃げて1人で御飯食べたり。会社に行けなくなりつつある自分を奮い立たせて、家を出て電車で近くまで行くんだけど、途中で行けなくなって、どこにも居場所がなくて新宿御苑をふらふらしてたり(笑)

それで、そのあと「今日もやってしまった」「なんて自分は駄目人間なんだろう」と自己嫌悪する日々。

「逃げてもいい」に勇気づけられた

TVとか、本とか、周りの大人が言うことは、どちらかというと「逃げずに耐え続けた」こととか「努力し続けること、石の上に三年」みたいな、そういうことが多かったように思います。

それで耐えられる人、その次の自分に飛んでいける人はいいけれど、でも、それじゃ苦しい時、一体どうすればいいのか。それでも耐えろというのか。私がこのままじゃ壊れてしまうと思った時、誰にも相談できませんでした。真剣な話が出来る相談できる友人はいないし、ましてや親に言うなんて無理でした。けど、家入さんの「逃げてもいい」という言葉に心が軽くなったのを覚えています。

逃げて、逃げて、逃げまくる。

もしかすると、私も今、逃げている途中なのかもしれません。

見るのをついうっかり見逃してしまった方へ

来週の月曜日、昼13:05分から、再放送があるようですので、働いている方は番組予約を、暇な人はリアルタイムで是非見ていただきたいと思います。

ハートネットTV ブレイクスルー File5 死ぬなら、逃げろ 起業家・家入一真

 

バカ、アホ、ドジ、マヌケの成功者

バカ、アホ、ドジ、マヌケの成功者

 

 

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)

もっと自由に働きたい (U25サバイバル・マニュアル) (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)