読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

2015年秋(10月~)の新作アニメ、どれ見る?

アニメ 日記 雑談

もうすぐそこまで迫っている10月からの新作アニメな時期がやってきました。

夏の新作アニメ紹介と称して2作品ほど紹介した気がするけれど。結局いろいろ忙しくて序盤で話に追いつけなくなってしまい、きちんと最後まで見た作品がガッチャマンと青春×機関銃だけっていうね。よくあることです。

気にしないで毎回新作アニメスタートが近づくたびに、こっそりやっているシリーズ記事に参りましょう。ということで今回も私が独断と偏見で選んだ3つの作品について、放送前に抱いた第一印象と作品の魅力みたいなものについて、簡単に紹介したいと思います。

 K -RETURN OF KINGS-

GoHands製作によるオリジナルアニメ作品で、2012年10月にアニメ第1期が放送され、2014年7月に劇場版として映画が公開され、今年より第2期が始まることになった。正直、ここまで長く続くアニメとは思わなかった。

K Image Blu-ray RETURN OF KINGS PRELUDE-COME BACK-

簡単に説明すると、現実とは異なる歴史を歩んだ日本を舞台にして、強大な特殊能力を持った7人の人間「王」とその配下である「クラン」を巡る物語といえる、以上。

第1期を見た段階では魅力的なキャラクターはいるものの、よくわからないあいまいな世界観と多くを語らないまま進むストーリーがあいまって、完全なる雰囲気アニメと化していたような。

登場人物たちの関係性や目には見えない信頼関係に魅力がある作品だと思っているけれど、いまいち何がしたいのか、何が目的なのかが見えない感じ。映画も見に行ったけれど新キャラが登場した程度で話に進展が見られなかった。ので、第二期にとても期待している。

そういうことだったのか、スッキリみたいな話のまとめ方を求む。

 

対魔導学園35試験小隊

富士見ファンタジア文庫が原作なアニメですね。魔力を持つ人間が滅びようとしている世界を舞台に、残存する魔力の脅威を取り締まる『異端審問官』の育成機関である『対魔導学園』に所属する少年少女の物語。たぶんそんな感じ。

対魔導学園35試験小隊 1.英雄召喚<対魔導学園35試験小隊> (富士見ファンタジア文庫)

原作を読んだことがないので、詳細はわからない。ただ魔力とか特殊能力系は私の好みだ。あとアニメのキャラクターが可愛らしいのと、青春×機関銃からヨルムンガンド、さらにはキノの旅にまで飛び火して、武器が出てくる系の作品を見るのが最近のマイブーム。ただそれだけです。

 

コメット・ルシファー

今期はラノベ原作のアニメが多い感じがするのだけど、その中で唯一輝いて見えたオリジナルアニメーションがこちら。

希少な鉱石を集めるのが趣味な主人公ソウゴが、ある日迷い込んだ地底湖で不思議な少女に出会うことで始まる冒険の旅なストーリー。最近こういう分かりやすいあらすじから始める物語減ったかもしれない。

オリジナルアニメーションなので特にこれ以上の情報はないが、紹介できないのが紹介です。公式HPをちらっと見たところによると、私の好きなMECHANIC的な要素があるようなのでそちらにも期待している。最近、面白いロボット系アニメがなくて悲しいです。エウレカ的なのないの?

 

本日のまとめ

今期はラノベを原作としたアニメが多い印象でした、ラノベの中で未だに買い続けている作品が「キノの旅」しかない私にとって、ラノベでよくある話の展開についていけなくなってきている所があって、私も年取ったかなぁなんて思う今日この頃。

さてさて、新作アニメ紹介と称してほとんど紹介らしい紹介をしていない気がしますが。夏よりも気になるアニメが多いので楽しみです。ずっと最終話が放送延期になっていた血界戦線もありますし、劇場版のARIAもありますし。

今年も残すところあと3ヶ月となりましたが、私を元気にするアニメに出会えると嬉しいな。12月頃に今年見たアニメ感想まとめみたいなこともやりたいです。