読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

何度でも入りたくなる中房温泉ベスト3と大王わさび農場に行ってきた

さて中房温泉2泊3日の最終日、2日目は朝風呂をスルーして朝食時間までぐっすりと寝ていましたが、やはり最終日になるとこのままチェックアウトは名残惜しい。もう1度入りたい温泉に入りに行こう。

f:id:rntriple6:20150812135125j:plain

とはいえ2日目にあらかたの外湯巡りはしてしまったし。1人で混浴というのは心もとないので、ここは男女別になっている内湯でいまだ入っていない家族風呂に入浴することにしました。

最終日の温泉巡りはそこそこにして、16箇所もある温泉のうち個人的にどこが気に入ったのか。また帰り道に大王わさび農園で散歩してきたので、その様子を簡単に紹介しようと思います。

それではいってみよー。

最終日は「家族風呂」で朝風呂といきましょう

宿泊棟の中に唯一空いていれば、24時間いつでも好きな時に内側から鍵をかけて貸切にできる温泉がある。それが別館の端にひっそりと佇む男女別の「家族風呂」である。宿泊している間はいつも空いていたので、おそらく穴場だと思う。

f:id:rntriple6:20150814061914j:plain

他の浴場と比べるととても簡素で、本当に自宅のお風呂といって佇まい。けれど侮るなかれ、浴室は別館の中で一番歴史があり、とろとろした湯でツルツルしていて気持ちがいいのです。大湯、根羽の湯、家族風呂といった小さな浴場は湯の花がたくさん浮いているので、温泉らしさを感じることが出来て良かった。

 

個人的に気に入った中房温泉ベスト3

最終日の朝風呂をもって、だいたい全ての温泉を網羅したので、ここで16箇所ある温泉のうち、個人的にどこが気に入ったのかを簡単にまとめておきたいと思います。

1.白滝の湯

ベスト3に選んだ温泉たちは、正直な話、甲乙つけがたい。
けれど白滝の湯は山の中に溶け込んだような景色が魅力的で、朝~昼にかけてという限られた時間にしか入浴できるチャンスがないため、私にとってのナンバーワンということにした。

外湯はいろんな種類があったけれど、宿泊中にもう1度入りたかったなぁと思ったのは、白滝の湯だけだったように思う。母も私がいなかったら多分入ろうとは思わなかったかもしれないと言っていたし、1人では入るのが怖いという面でも、入浴してよかったと思う野天風呂です。

2.不老泉

唯一、宿泊中に他のお客さんがいた温泉なので写真はないのですが、さすが中房温泉を代表すると言われているだけのことはある。浴室と脱衣所が一体となっている伝統的木造建築の風情が素晴らしい。

女性専用時間は19時~22時なので夜の時間にしか入れませんでしたが、早朝だとまた違った雰囲気に包まれるんだろうなぁと想像してしまいます。連日の雨で源泉の温度が少し下がっていたのか比較的ぬるめで、浸かったまま寝たいとすら思ったくらい。

3.ねっこ風呂

熱めの温泉も好きですが、やはり夏は適度にぬるい温泉で長湯すると気持ちがいい。連日の雨でおそらくいつもよりは温度が低めだったと思いますが、それでも長湯できるの温度というのはあまりなかったので、そういう意味ではねっこ風呂が最高でした。

ただ本当に1つしかないので贅沢な浴室なので、他に入りたい人のことも考えると、長くても30分~1時間くらいが独占限度かな。ここは最終日に朝食後からチェックアウトのギリギリまで入浴していたところだったりします。

 

日本でここだけ、わさびのテーマパーク「大王わさび農場」

中房温泉に宿泊するついでと言ってはなんですが、行きたかったのが「大王わさび農場」です。私がまだ小さかった頃、家族の一緒に観光に行ったことがあり、そこで初めて食べたわさびソフトクリームがとても美味しくて、また行きたいと思っていました。

f:id:rntriple6:20150814113047j:plain

大王わさび農場は入場するのに一切お金がかからず、1日2万トンもの湧き水が湧き出ている広大なわさび田を囲むようにして、親水広場、アルプス展望台、大王窟・海運窟など様々なお散歩スポットが点在していて、食堂では農場ならではのわさびと湧き水を生かした絶品のおそばや本わさびを使ったわさびソフトクリームを頂くことが出来るのも魅力です。

f:id:rntriple6:20150906134253j:plain

そしてこれが本わさびソフトクリームです、色合いは薄いわさび色をしていますが、生乳仕立てということもあり、口当たりは滑らかで爽やかなスッキリとした味わいとなっている。わさびかどうかっていうのは正直よくわからないけれど、よく見るとすりおろした細かいわさびが入っていることがわかります。WEBクーポンを印刷して持っていくと60円引きになるので、忘れないようにしよう。

f:id:rntriple6:20150814120325j:plain

大王わさび農場で是非食べたいのは信州そば、穫りたての生わさびを絡めて食べるとピリリとするスッキリとした風味とほんのりと感じる甘みがそばの食感を引き立ててくれる。私は普段あまりわさびを使わないのですが、全部使っても大丈夫。外に長蛇の列が出来るほど混雑するので、少し早めに入店するのが吉。

 

全体的なまとめ

夏季休暇中の一大イベントとして銘打った中房温泉連泊旅行は最高でした。さすが温泉のデパートといわれるだけのことはあり、温泉三昧できました。どの温泉も泉質が素晴らしく温泉も楽しめ、景色も良いし、焼山ランチも美味しい。ここは何度もリピートしたくなる旅館だと思います。

長野県なので東京からのアクセスもそう遠いわけではありませんし、最寄り駅である穂高駅までは特急あずさなどを使うとお金はかかりますが楽ちんです。ただ穂高駅からは中房温泉行きの定期バスに乗り、細くグニャグニャと曲がりくねる山道を幾重も乗り越えていく必要があり、私はちょっと気持ち悪くなってしまいました。自家用車で山道を越えていける人はそっちのほうがいいと思います。

とはいえ、たとえ定期バスの中で気持ちが悪くなったとしても。中房温泉は温泉好きにはたまらない、まるで天国といえる温泉でした。絶対また行きたい温泉です。その時は雨で入浴できなかった地熱浴場、混雑していて入浴を諦めた湯原の湯に入浴したいと思います。興味のある方は是非とも連泊で宿泊してみて欲しいです。

関連記事