読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

触らぬ店長に祟りなし、威圧感のあるトンカツ屋に行ってきた

料理 日記 雑談

突然ですが、急にトンカツが食べたくなりました。理由はありません。という話をTwitterでしていたら前年フレンチトースト忘年会したメンツで「久しぶりに食事会しよっか」という話になりました。

ということで本日は、某口コミサイトによると浅草橋で一番美味しいという、脂好き御用達、休日でも並んでいる有名な「丸山吉平」さんに行ってきたので、食レポと共に緊張感のある現場について簡単に紹介したいと思います。

それでは、いってみよー!

 浅草橋と秋葉原のちょうど真ん中にある「丸山吉平」

浅草橋西口から徒歩5分という情報を元に浅草橋に集合したのだが、案外遠かった。地図がないと辿り着けないと思う。お店の外装の写真を撮って来るのを忘れたのだが、CSタワーという大型賃貸オフィスビルの1階に青地に白文字という遠くから目立つ看板を掲げるスタンドそば屋さんがあり、その隣にひっそりと佇んでいるのが今回の目的である「丸山吉平」さんである。

カウンター10席、4人座れるテーブル席が1つだけというこじんまりとしたお店で、どうやら土曜だけは夜営業をしているようで、テーブル席は予約席だった。駅からはだいぶ離れているにも関わらず、満席で私たちは食券を買って並びました。店員は店長1人だけで黙々とトンカツをあげたり、キャベツを千切りにしたり、御飯をよそったり、食器洗いをしたりを全て同時進行で行う感じ。忙しい。

トンカツは衣は薄くてサックサク、中はジューシー!

注文は松屋などを始めとする食券方式。一番安いかつ定食はすでに売り切れ。かつ定食、ロースかつ定食、上ロースかつ定食とかの定番メニューからリブかつ定食、ひれかつ定食、ぼーひれかつ定食、肩ロース定食、メンチかつ定食など様々な定食メニューが並びます。私はとりあえず一番安いロースかつ定食(1300円)を注文。

カウンターからは寡黙な店長がたっぷりの脂でトンカツを揚げる様子を見ることが出来てワクワクが止まりません。隣の席から聞こえるサクッという衣をかみ締める音もたまりません。ただし皆、一言もしゃべらず無言でした。

f:id:rntriple6:20150308124740j:plain

出来上がったロースかつ定食を見て、まず初めに思ったのは御飯が多いってこと。通常夕食で食べる量の2倍はあるし、キャベツてんこ盛りだし、こいつはヤバイ。前日に一発必殺の下剤を服用してお腹の調子を整えてきたけれど、場合によってはお腹を下す可能性さえもある。厚みのあるロースかつ。美味しそうだけど完食できるか?

私はとんかつには大きく分けて2種類あると思っている。衣が厚い奴と薄い奴。衣が厚い奴は衣ばっかり食べている気がしてあまり好きではないので、このトンカツは好み。しかもとてもお肉が柔らかい、口の中に入れてスッと噛み切れるくらい柔らかいのだ。断面図の写真も撮ればよかったと思うのだが、微妙に赤身が残っていて少しレア。噛み切ったところから肉汁がじゅわっと溢れ出てくるレベルの高さ。日本のとんかつ屋に行ったことなかったので感動した。美味しい。

店内に充満する威圧感について

とんかつは確かに美味しかったのだが、正直、途中で味がわからなくなった。単に私のとんかつ許容量がMAXに達しそうになり、食べるのが苦しい状態からの脂分しかない右端のとんかつ2切れが最後のトドメを刺しに来たというのもあるし。寡黙でかつ物言いがつっけんどんな店長が威圧感バリバリだったせいもある。いつもこうなのかはわからない。けれど口コミを見るとそんな感じだった。

きっかけはとあるお客さんが「領収書書いてもらうの忘れてた。お手すきの時でいいから書いといてくださらない?後で取りに伺うので」と言ったことだ。私たち3人+1人客の注文をさばく必要があり、その後にも2人並んでいるこの忙しい状況下で。券売機のところに領収書を書く必要があるなら、注文時に言えと書かれていたような気がする。店長さんは戸棚をガッタンバッタンとしながら領収証を探す素振りを見せた後、「それ、店が終わってからでもいい?」と相手を刺すような声色で一言。この忙しい時間帯にそんなめんどくさいこと言うなやという副声音でも聞こえてきそうだ。

威圧感がヤバイ、私はいつ声を荒げて店長が怒鳴るかとヒヤヒヤしながらトンカツを食べた。食べ残しでもしたら殺されそうな雰囲気だったので、頑張ってとんかつを食べた記憶しかない。このお店はお昼は2時半までが営業時間で、おそらくラストオーダーは2時なんでしょうね。だから2時を過ぎると入り口のOPENをCLOSEに変えているんでしょうが、ちょっとそれがお客さん側から見るとわかりずらい位置にあるのか、2時を過ぎてもお客がやってくる。そしてそれをいらだちMAXですと言わんばかりに「もう終わってるんだけど!?」と店長さんが三度以上に渡って追い返す。

食事時にまったく落ち着けないという、とても印象に残るすごいとんかつ屋でした。

本日のまとめ

寡黙な店長に祟りなし。寡黙な店長は決して刺激しないようにしよう。まぁとんかつがとても美味しいので、接客よりも味で勝負というお店なのかも。ただ私たち3人の心は「今度は安らげる場所に行こう」と1つになった。結束が深まった。あととんかつの食べ方として、脂身はお腹がすいていて美味しいと感じることが出来るうちに食べてしまったほうが楽かもしれないということを学んだ。また行きたいかと言われると正直微妙ですがとても美味しかったです、ご馳走様でした。

丸山吉平 - 浅草橋/とんかつ [食べログ]

総武線浅草橋駅西口より 徒歩5分
秋葉原駅より 徒歩5分
【日・月・水・木・金】11:30~14:30
【土】11:30~14:30 18:00~20:00 (LO)
定休日:火曜日

 前回の食レポ記事


ふわっととろける石釜焼きフレンチトーストが絶品すぎた - 空想島(6畳半)