読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

「9」の付く日が安い!ディッパーダンでクレープを食べてみた

疲れた体はなぜか甘いモノを欲する。そういう時は昔から常連並みに通い詰めていたジェラート屋さんに行っていたのですが、そこが夏頃に閉店してしまい、悲しくなった。どこか美味しくて甘いモノはないだろうかと探していた時にクレープ屋を見つけた。なにやらサービスデーで全品290円というお得価格だったので、試しにと言いながらレギュラーメニューで一番高いクレープを食べてみました。

デザート系から食事系まで揃ったクレープチェーン「ディッパーダン」

f:id:rntriple6:20141204103425j:plain

クレープ屋と聞くと、まず初めに私が思い浮かべるのは原宿のマリオンクレープだ。初めてクレープを食べたのも確か原宿だったように思う。薄皮を何重にも巻いているとはいえ、急いで食べないと中に入っているアイスやクリームが溶けてきて、下から漏れてくるのでなんて食べにくいデザートなんだろうと思った記憶がある。

ディッパーダンは日本に124店舗持つクレープのチェーン店である。私は知らなかったのだが、焼き立てクレープNO.1チェーンでありながら、売上日本一を誇っているらしい。それくらい美味しさも評価されているということか。

店舗によって販売しているメニューは若干異なるようだが、基本的にはフルーツを使った冷たいデザート系クレープがメインである。それ以外にてりやきツナサラダ、フランクエッグ、エビグラタンなどの食事系の温かいクレープも取り扱っている。メニューがありすぎてどれを頼むべきか迷ってしまうほど、種類があった。

毎月『9、19、29日』は全品クレープ290円!

というキャンペーンがちょうどやっていた。普段クレープを食べないので値段の相場はよくわからないが、こういう時だからこそ出来ることが1つだけある。普段は高くて手を出せないメニューに挑戦することだ。一番高額なクレープは450円。160円もお得になるのだから試す価値があるだろうと思った。

450円のメニューを見ながら悩んでチョイスしたのは、ボリュームたっぷりアイスイチゴチョコ(450円)である。当たり外れのない定番クレープで、無難な選択だったように思う。美味しいものが食べたかったんだ、しいていえばイチゴが食べたかった。

f:id:rntriple6:20141204101135j:plain

焼き立てNO.1というだけあって、クレープ生地が温かい。しかも中はもっちりしているのに、外側はパリッとしていて美味しい。肝心の中身だが、イチゴとクリームとアイスとチョコのトッピングが美味しくないわけがない。あえて言うならば、アイスとクリームが甘さ控えめでさっぱりしている所が好印象だった。

290円、侮りがたし。

今日のまとめ

店舗にもよるのかもしれないが、私が行った店舗は中の作業が間近で見ることが出来る。熟練の店長がクレープ生地をまるく伸ばして焼いている様子や、スタッフがイチゴやクリームを使ってデコレーションする様子を見ることが出来る。ショーウィンドウの外側でパティシエがケーキ作りをする姿を見るのが大好きだった身としては、待っている時間も「まだかな、まだかな」とワクワクしてしまった。

お店自体はオシャレとは程遠いその街に根差した昔からあるお店という感じだ。けれども季節に応じた限定メニューも多く、店舗によっては手作りジェラートを取り扱うお店もある。普段使いをする可能性は低いかもしれないけれど、安いキャンペーンの時にはまた行ってみたいと思う。今度は滅多に食べないメニューに挑戦してみたいですね。御馳走様でした、美味しかったです。

関連記事