読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

人生初、眉毛サロン「アナスタシア」に行ってきた

雑談 挑戦

カッコよく言うとアイブロウトリートメントなんですけどね。
これは母が何やらキャンペーン広告を持ってきたのがきっかけ。

f:id:rntriple6:20141204101331j:plain

普段は化粧もシンプル最低限、オシャレもあまりしないという女子力のかけらもない私ですが、母の「眉目秀麗という言葉があるくらいだし、眉毛メイクすると印象ガラリと変わるっていうからやり方を教わりに行ってみない?」という言葉に後押しされ、3月末までキャンペーン価格でお得ということもあったので行ってみました。今回はアイブロウトリートメントの流れを簡単に振り返りつつ、実際やってみた感想を紹介したいと思います。

まずカウンセリングで眉スタイルを決める

まず初めに皮膚に関するアンケートを記入し、眉の状態、骨格、眉周りの筋肉のつきかたを確認しながら、どんな眉にしたいかを担当のスタッフと相談します。相談するとは言ったものの、眉毛の処理なんてしたことがないので、「今ある眉毛を生かして自然な感じにしたいです」と適当なことを言いました。

何もわからない初心者の私に眉頭・眉山・眉尻の位置関係を教えてくださり、自然な眉毛を作るには骨格にあった眉毛を作る必要があるのですよと教えてくれました。なるほど。

ゴルゴ眉毛、爆誕。

施術を始める前に行ったカウンセリングに沿って、1人1人と眉毛ガイドラインを作ります。そしてふっかふかの椅子を美容室のシャンプーのように倒した状態で、眉ラインを書いてくれます。「まるでアーティストが作品に色塗りで仕上げを施しているようだ」なんて馬鹿げたことを考える私。

完成した眉毛ガイドラインを見せてもらいました。そして「ちょっとびっくりされるかもしれませんが」と言われながら渡された手鏡を見ると・・・。

そこにゴルゴがいた。いや言い過ぎかな、イモトかもしれない。

勿論これが完成というわけではなく、ワックスで抜かない部分を塗りつぶして明確にしただけなのですが、初めての御客さんは皆びっくりされるようですね。

ベリッと不要な眉毛を処理する

さて、いよいよいらない眉毛を脱毛ワックスと毛抜きで処理していきます。脱毛ワックスというのが40度くらいの温かいワックスを眉毛に塗り、薄い紙のようなシートに貼りつけて、勢いよくベリっとはがしていきます。眉毛の生え方とは逆にベリっとするので、一瞬ですが痛みがあります。産毛の生えている腕にセロハンテープを貼って、それを勢いよくはがすのと似てる。

脱毛ワックスで大雑把に広い面積を一気に処理して、細かい所は毛抜きで1つ1つ抜いていく感じでした。見ていないのでわかりませんが、たぶんそんな感じ。

自宅で出来る簡単な仕上げ方法を教わる

そして最後に眉毛の仕上げ方法を教わります。本当は色んな手順があるんでしょうが、私が「初心者でも簡単に出来る難しくない方法が知りたい」と言ったからか、一番シンプルな方法を教えていただきました。

  • ぼんやりしている箇所、足りない箇所をペンシルで軽く書き足す
  • 書き足した後を自然になじませるブラシで軽く眉毛を撫でる
  • 透明マスカラ(ジェル付き)を塗って眉毛の流れを整える

片方の眉毛だけはこれらの手順をやらせてもらいアドバイスを貰いながら、毎日できるメイクアップを教えてもらいました。たったこれだけとはいえ、慣れないと難しいですね。「慣れてきたら眉毛のケアは1,2分で出来るようになりますよ」とスタッフさんがにこやかに話してくれました。シンジラレナイ。女性って器用なんだな。

本日のまとめ

これにてアイブロウトリートメント終了。計1時間程度の施術だったかな。通常価格だとアイブロウトリートメント+鼻ケアで7300円(税抜き)の所、キャンペーン価格で4800円(税抜き)程度でやれたのでお得な感じでした。

完成した眉毛を見せてもらい、おもわず「おぉ~」と言ってしまった。自然にボサァと生えていた眉毛そのままだったので、なんていうかスッキリした。2回目の施術に行くかどうかはわかりませんが、やったことないことをやるのは面白い。眉毛だけでこんなに印象が変わるなら、オシャレちょっとやろうかなと思うくらいには。

この初回限定キャンペーン価格は来年の3/31までやっているので、興味がある方はこれを機にやってみるのもよいかもしれません。眉毛のことであれば何でも相談してOKだと思います。

詳しくはこちらまで↓


初回限定キャンペーン - ANASTASIA

スポンサーリンク