読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

トイレの妖精に転職しようとしたら、お祈りされた

雑談 日記

ついにこの日がやってきました。

治験の事前検査、大腸内視鏡検査の前日です。

この日は朝食と昼食に食パン一枚しか口に出来ず、夕食は絶食。夕食代わりに大腸内視鏡検査前処置用下剤を2リットル飲む地獄が待っています。こんなに大量の薬、飲んだの生まれて初めてだよ。

本日はそんな2リットル下剤と闘った記録を紹介しようと思う。同じように便秘治験をやる人がいた時のために残しておこう。参考になるかどうかは正直わからないけれど。滅多にない経験かもしれない。

ちょっと汚い話になるかもしれないので、オブラートに包んでおくね。

 こんなのを2時間かけて飲みます

f:id:rntriple6:20141113233252j:plain

なんていうか、多い。量、多くないっすか。

会社に行く前に事前に容器の中に入れられていた粉末の薬に水を入れ、よく混ぜた上で冷蔵庫の中で冷やしておいたんですけれど、水入れる前に見た下剤は500mlのラインまであったように思う。

家に帰ってきて全ての準備を整えた上で18:45に服用開始。2リットル以上ある下剤を一気飲みするわけではなく、コップ1杯ずつ、15分程度の休憩をはさみながら、服用します。時計よし、PCよし、準備OK。出発進行。

味はなんだかアクエリアスみたいな感じ

「冷やしておいた方が飲みやすいです」「1杯は時間をかけずにいっきに飲んでください」と注意事項に記載されていたので、もしかしてすごく苦かったりして、ぬるいと喉つまりしそうになるんだろうかと戦々恐々しながら、初めの1杯をおそるおそる飲んでみると・・・。

あれ、以外と普通。ただのスポーツドリンクのような感じです。苦くないし、まずくない薬であれば飲みやすいかも。2時間かけてゆっくり飲むし、楽勝かも!と思っていた時期がありました。

そして事件は起こった

服用し始めてから1時間経った頃、排便開始。

トイレに引きこもるトイレの妖精になりました。

下剤の目的は大腸の中を空っぽにすることなので、排便が始まったら排便記録を書かなければいけません。トイレに行った時間、便の性情(軟便とか水っぽいとか)。これが透明になれば排便終了、おなかスッキリの合図らしいです。

しかし途中で胸が苦しくなってきた。なんだこれ気持ち悪い。絶食して空き腹に液状下剤の大量投入して、お腹たぷんたぷんだからかもしれない。そして下剤服用し始めてからちょうど2時間。ついに事件は起こった。

ここで無駄にカッコつけたり詩にしても仕方がないかもしれないが、いちおう考えてみたので書いておくことにしよう。オブラート包んでいるよね?え、足りない?

まぁあれだよ。マグカップにお湯を永遠に注ぐことなんてできないだろう?マグカップの中身を飲み干すか、途中で捨てるかして中身を減らさないと入れ物の要領を超えてしまうのは当然の摂理なのさ。そして溢れた水は戻らない。・・・つまりそういうことだ。

そんな感じの言葉が私の脳裏を横切って行った。

本日のまとめ

無念。ここでタイムアップ。病院に電話して事情を話した。

あー、私の2時間と今日1日の頑張りが水洗トイレに流れて行く。さようなら大腸内視鏡検査前処置用下剤。正式名称をマグコロールPと言う。どうでもいいけれどPと聞くと、ニコニコ動画の投稿者を意味するプロデューサーを思い出す。

とりあえず服用中止、飲んだ分は排便がくると思われるので、脱水症状にならないように水分を意識的に多めに取ること、そして安静にすることなどの通達がきた。でも明日、病院に行くことになった。下剤以外にも色々検査はあるようだ。治験が続行できるかどうかは、病院の院長のみぞ知るということか。

それでも排便が収まらない限りはベッドで寝る事すらできない。今夜、私の夜は長そうだ。ちなみに母に「最悪、トイレで寝なさい」と真顔でタオルケット差し出されました。どうなる私。