読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

「肉フェス」2014 秋 に行ってみた

料理 雑談

11月の三連休は色んなお祭り目白押しですね。

今回は昭和記念公園で開催されていた「肉フェス」に行ってきました。こういう食事系のイベントは滅多に行かないのですが、なんとなく美味しそう・・・・楽しそうだったので。本日は簡単に肉フェスの紹介をしたいと思います。

 肉フェスとは

2014年10月24日(金)から11月3日(月)まで国営昭和記念公園(東京)にて開催されていた日本・世界各国から肉料理が集う、日本最大級の肉イベントです。日本の誇る「食」を世界に向けて発信していくイベントとして生まれたようです。いやー、普段あまり外に出ることがないので全く知りませんでした。

f:id:rntriple6:20141103224119j:plain

普段中々食べにいくおとが出来ない有名店、日本で滅多に食べることが出来ない世界の料理を食べれるかもしれないという美味しいお祭りの1つです。肉好きでもなんでもありませんが、楽しそうだったので行ってみました。

それにしてもこのイベントマスコットキャラクターの目。ちょっと肉を求め過ぎる狂気に満ちた目、怖いと感じるのは私だけ?

並ばないで美味しい物が食べたいんですけど

イベントの特徴はなんと電子マネーをチケットとして利用出来ることです。勿論1枚700円の食券をチケットコーナーで購入することも出来ますが、チケットコーナーが一か所しかないので、なくなったら買いに戻らなければならない。その手間を省き、いまや多くの人が所持しているPASUMOやSUICAを利用できるとは画期的。

ということでチケットコーナーを無視して、肉コーナーへまっしぐら。しかし最終日ということ、会場にたどり着いた時間が11時頃だったこともあり、既に人気のミート矢澤は会場から飛び出そうなほどの長蛇の列。というか完売してた。次に食べたかった格之進さんの肉塊焼きも長蛇の列。皆さん何時間待つの?

美味しい所は昼食時に並んでいる人の数で分かるって言いますが、それにしても食事にかける情熱には素直に感心しました。秋の灼熱の太陽の下、じりじりと自分自身の肌がローストされるにも関わらず、ディズニーランドの乗り物並みに並ぶ人、人、人!美味しいモノを食べるためには金も時間も惜しまないその精神、感服しました。私なんかは早々に諦めました。並ばないで食べて帰ります。

焼肉ホルモン龍の巣 「あぶらかす入り肉吸い」700円

まず一番初めに頂いたのは、焼肉ホルモン龍の巣 「あぶらかす入り肉吸い」。「最終日はお肉の量を大幅にUPしています」といううたい文句に誘われた。あと値段が安かったのと、待ち時間10分というのが魅力的だった。

f:id:rntriple6:20141103224149j:plain

肉吸いってなんぞやと思っていると、公式HPに

今回の「かす肉吸い」とはカツオのきいた出汁に「甘辛く煮た牛肉」と牛ホルモンを素揚げして旨味を凝縮した「あぶらかす」が入った知る人ぞ知る絶品スープです。

とあり、大阪河内のソウルフードであると紹介されていました。

うん。700円とは思えないボリューム。鰹が効いている出汁だからかしょっぱすぎず、和風な感じでした。しかも同じ値段でうどんを入れることも出来るらしくコストパフォーマンス的には最高なのではないかと思いました。御飯入れるのも絶対美味しい。

トーゴ共和国大使館のトロピカルローストチキン(1/4羽)700円

せっかく海外の肉料理が食べられる貴重な機会なので、是非食べてみたかった。本当は、スーダンコミュニティで提供される数種類のお肉を包んだパン「サンプーサ」を食べてみたかったのですが、残念なことに11月は提供されていませんでした。無念。

ということで本日はなんとなく目についたローストチキンを食べてみた。クリスマス等に出てくる七面鳥の丸焼きが飾られていて驚いた。まぁ誰も並んでいなかったってのもあるね。

f:id:rntriple6:20141103224211j:plain

どこがトロピカルなのかはまったくわからなかったが、美味しい。じっくりと時間をかけてローストされたチキンは骨付きなのですが、骨もバリバリいける感じでした。しかも量が多くてボリューミー!

食材が高級であればあるほど700円という最低価格の場合、天と地ほど量に差が出てきてしまうのは仕方がないことなのですが、これはこれで正解だったなぁと思いました。御馳走様でした。並ばずにそれなりに美味しい料理が食べれればそれでOK!

本日のまとめ

滅多に食べることが出来ないような肉料理に出会えるのが面白い。アルコールが飲める人には嬉しい地ビール飲み比べコーナーもあるし、なんとその場でA5ランク級のお肉が買える精肉卸し直販コーナーもある。食べるのも飲むのも騒ぐのも大好きという人ならきっと楽しめるはず。

お肉を食べるのが大好きでお酒も大好きな人、かつたくさん人がいても酔わないし、美味しい料理を食べるためなら1日そのために使ってもいいという人向けのイベントでしたね。最終日は晴天に恵まれたこともあり、人がひっきりなしで訪れる感じでした。私は用事が済み次第、颯爽と帰宅しました。外暑い。

きっと来年も開催されると思うので、興味のある人は行ってみてください。私は肉フェスじゃなくて、世界のスイーツフェスとかだったら行きたいですね。

参考HP

Food Nations 肉フェス TOKYO 2014 秋