読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

むしゃくしゃしたので、履歴書テロしてみました

f:id:rntriple6:20141204104342j:plain

10月末に今の仕事が終わり晴れて11月からニートになれるかと思いきや、紹介された仕事を断ったことで派遣元との間に大きな亀裂が走り、ちょっと揉めていた。損害賠償という話が飛び交ったり、労働相談センターに電話したりなんだり大変だった。まぁなんとかお金の問題は事なきを得たのだが。

その話は12月以降落ちついたらするとして「もうこんな会社辞めてやる!」という気持ちが爆発した私は、父がどこからともなく探してきた求人に迷わず応募した。


履歴書送付テロリズム - YESかNOか半分か。

だいぶ過程は異なるから一緒にされると困ると思われるかもしれないが、履歴書を書きながら「まるでルナさんの履歴書送付テロリズムのようだな」と思った。

送付が間に合わないから、直接持っていく

父がどこからともなく探してきた募集要項には書類選考の後に面接するから、まず履歴書と職務経歴書を送るように書かれていた。ただし期限は明日。

「え?(これ間に合わなくね?)」

募集要項を貰ったのが火曜日の夜。〆切は水曜の17時まで。水曜日の朝に速達で送ったとしても間に合うかどうかは微妙。もし間に合わなかったら夜中に履歴書と職務経歴書を書いた私の時間が無駄になる。それは嫌だなぁ、どうするべかと思いながら思いつく。

「そうだ、直接持っていこう」

そもそも受け取ってくれるかということが最大の課題点だが。それは明日考える。履歴書と職務経歴書を送るだけならタダだし、書類選考で落とされることもまぁ普通にありえることだが、送らなければ何も始まらない。何事も挑戦だ。

そう思い、夜中眠気を我慢しながら、職務経歴書を書いた。一応志望動機も書いたが何も思いつかなかったので、変に取り繕うことなく本音を書いておいた。

もう、どうにでもなーれ。

諦めずに言ってみるもんだ

今まで応募する企業に直接出向き、履歴書を提出したことがあっただろうか。いやない。普通は興味ある求人や企業にアンテナを向けておき、余裕を持って提出するのが一番いい。けれど、本当に募集要項を見たのが前日だったのだ。仕方がない。

朝起きて、会社に迷わず電話した。「外せない用事があるので午後に出勤します」と言って、午前休をもぎ取った。実際は書類を受け取ってもらえばすぐに用事は済みそうだったが、用事を終えてすぐに会社に行くのが嫌だったので、たっぷりと時間を取った。

ドキドキしながら、応募先企業の人事課に電話してみた。

「あの、募集要項を見てお聞きしたいことがあって電話したのですが」

「はい、なんでしょう」

「送付しても間に合いそうもないので直接持って行きたいのですが受け付けてもらえますか?」

「本日17時までに間に合えば、どんな方法でも受け取りますよ^ ^」

「!、実は近くまで来ているので、今から行っても大丈夫ですか?」

的なやりとりをして無事OKを貰い、書類を受け取って頂けました。結果は追って連絡しますとのことで、今はその結果待ちです。採用人員たった1人の狭き門なのですがね。

 午前休をもぎ取り、ついでに気分転換もしてきた

履歴書と職務経歴書を提出するためとはいえ、滅多に行くことのない調布という街に降り立った私は、まだ時間に余裕があることを確かめた上で颯爽と散歩に出かけた。朝早かったので商店街はまだ開いていなかった。

f:id:rntriple6:20141030213804j:plain

まずは穢れと厄を浄化するために布多天神社へ。朝の神社の雰囲気はとてもいい。一礼して鳥居の端をくぐると、空気がシンと静まり返るのも好きだ。天気が良かったこともあるが、朝の陽ざしと神社の木陰のコントラストが綺麗だった。境内に祀られている全ての神社にお参りをして、大好きなおみくじを引きました。

大吉ではありませんでしたが、精神不安定になりつつある私を少し安心させてくれる言葉が書いてありました。困った時の神頼みじゃないですが、神社行くと心が穏やかになるので好きですね。

本日のまとめ

最近、派遣元やら派遣先での働き方やら仕事の対応に四苦八苦していて、ストレスで夜も眠れない日が続いていたので、ちょっとだけ心洗われました。普段は日の光を浴びず、散歩日和の日中も関係ない凍えるほど寒い職場で働いているので、神聖な雰囲気のある朝の神社参拝、青い空と緑生い茂る芝生がある新宿御苑で走り回る子どもを横目に見ながら、ぽかぽか陽気の中で食べるお弁当、最高でした。気分転換も時には必要。

午後は心を無にしながら会社に行きました。そういえば10月末に仕事を辞めるはずでしたが、よくわからない派遣元の都合により11月末まで続けることになりました。12月からニートに戻ります。心の休息のために、仕方ないのであと1か月頑張ります。