読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

嘘つきは、転落の始まり。

日記 雑談

まだ大丈夫だと思いたいがために嘘をつき、親を心配させたくないと思うから故に嘘をつき、周りの誰かに否定されるのが怖くて嘘をつき、現実逃避のために嘘をつき、自分を守るための嘘をつき、お金と仕事欲しさに嘘をつき、嘘をごまかすためにまた嘘をつく。

f:id:rntriple6:20141026172048j:plain

指きりげんまんする時に「嘘ついたら針千本飲ーます!」と言ったり、言われたりしながら育ちましたが、もう千本と言わず何億本も飲めるくらいですね。

自分自身に嘘をつくのはとても疲れる

怒られたくなくて、軽蔑されたくなくて、心配させたくなくて。人に認められたくて、自分を正当化したくて、弱さを隠したくて。色々なコンプレックスや悩みを誰にも見せたくなくて。何気ない自分の本音を漏らしてもいいことなんて何もないと思うから、嘘をつく。誰にも見つからない場所に隠して見えなくしてしまえばいつか土に還ると思いたくて。

本当は自分で自分に嘘をつくの、やめないといけないなぁって思ってるのに。やめられない。嘘をつき続ければそれが本当になるとかよく聞くけれど、その通りだなぁ。嘘をつく自分が、少しの失敗で傷ついて逃げ出す自分が、本当にそうなってしまう。

嘘が露呈してしまった時に、大打撃を受ける

嘘をついた側も、嘘をつかれた側も。初めはほんの小さな嘘だったはずなのに、自分に突き刺さる時には何倍にも重く膨れ上がっている。

応援してくれる誰かの気持ちを踏みにじったと言う悲しみ。親身になって話を聞いてくれる誰かを裏切ったという苦しみ。嘘のために嘘をつく痛み、嘘をつかれた側が感じるむなしさ。そういうものが時間の経過につれてどんどん重く圧し掛かってくる。

誰も嬉しくないし、誰も幸せになれない。後悔しかない。後悔したくないと思いながら、どうにもできずに、泣くしかない。もっと別の解決方法があったんじゃないの?嘘をつかずに済む方法があったんじゃないの?

すべてぶっちゃけた、ただし手紙で

反省しながら穴に埋まりたくなるような、言葉に詰まるような出来事がありました。その出来事については割愛しますが。すごく傷ついたんです、私も母も。

コンプレックスや妬みを隠そうとするから、自分にも外にも嘘をつく。見栄を張る。背伸びをする。だったらさっさと晒してしまって相対化してしまえば、誰に対しても嘘をつかずに済むんだよ。嘘をつくから疲れてしまう。

という家入一真さんのTweetを見て

「本音を言うのは怖いけれども、自分自身の弱さやコンプレックスから逃れたいがために嘘をつくのはもうやめにしよう」という勇気が出たので、空想島で日頃から思っていることや不安、自分の弱さや駄目さ加減を全て両親に向けてぶちまけました。もうどうなったっていい。

その場限りをやり過ごすためにつく嘘で、傷ついて疲れるのはもう嫌だという一心で。別に死ぬわけでもないし、晒しちゃった方がいつまでもウジウジしなくて済む(かもしれない)。

何度だって失敗していい、ただ続けることが大事

今その事が原因で、家族間が気まずかったりするのですけれど、家族の誰にも悩みを相談することが出来ず、溜めに溜めていたので仕方がないことだ。無条件に私の味方であってくれるといってくれた家族を裏切っていた報いでもある。

声に出して自分の今の気持ちを理解してもらう、伝えるってことも必要なこと。正社員になるならないに関わらず、人と関わって生きて行くのはこれからもずっと付き合っていかなければいけないことだし、出来るようになって損はない。

人が嫌いなわけでも、話すことが嫌いなわけでもない。話すのが苦手で、上手く自分の考えを話すことが出来ないから避けてきただけ。でも正直逃げていてもどうしようもない。出来ないなら回数こなしていくしかない。

1回の失敗なら失敗率100%だけど。3回失敗した中で1回成功すれば失敗率は下がる。仕事と同じで今できることをやる、繰り返し練習するということが私には圧倒的に足りない。

一度嘘ついたら、一度逃げたら誰かのために1000円分の食事をおごるとか。もう物理的なルールを決めちゃってもいいかもしれない。

本日のまとめ

私も母もとても傷ついて、誰も救われない嘘をついた。そういう嘘を積み重ねてきた。自己PRで嘘をつき、面接のたびに嘘をついてきて、自分を偽ることがいつの間にか当たり前のようになっていた。

けれども自分自身にも嘘をつき、周りにも嘘をつくということはとても疲れることだし、嘘が露呈した時に自分自身の信用を取り返しがつかないくらい損なうことだってある。本当はそれが一番怖いことだ。

本当に心身に不調をきたすくらいキツイとかそういう人はわき目も振らず逃げていいと思いますが、私は自分に課しているキツイと思うラインがすごく低く設定してあるので、すぐつらくなったり苦しくなったりするんでね。そういう逃げをなくしたい。逃げないでやっちゃった方が本当はつらくない。

 

嘘をつくことは良くないことだというつもりはないし、一度も嘘をついたことがありませんという人もいないと思うけれど。逃げたり嘘をついたりせず、自分を認めてあげるようにしたい。自分自身には正直にありたいと思う。同様に両親に対してもそうありたい。

今後の課題です。