読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

ランキング形式で、オススメ漫画ベスト23を紹介してみた

面白いことをやっていらしゃった人がいて私もやってみたいと思っていたので、便乗してみました。過去に読んだ作品も含めれば50作品くらい思いついたのですが、今回は読み返したいくらい好きな漫画に重点を置きたいと思います。


ランキング形式で、オススメの漫画ベスト100を紹介する - はてなで語る

 ベスト100にも満たない、23という半端な数字ですみません。

それではいってみましょう。

23 蟲師漆原友紀

蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)

蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)

 

原作は、蟲(むし)という精霊、幽霊、妖怪などのような超常的な現象を引き起こす怪異を巡る物語で、蟲専門の医者、研究者である主人公ギンコの旅と蟲によってもたらされる様々な謎を解き明かしていきます。作りがとても丁寧で、1つ1つの話に明確なテーマがあって読み応えもある。わたしも蟲が見てみたい、そう思う。アニメ続編[後半]も始まったので合わせて読みたいです。

22 ARIA天野こずえ

ARIA (1) (BLADE COMICS)

ARIA (1) (BLADE COMICS)

 

こちらはアニメから入って好きになった作品。観光都市ネオ・ヴェネツィアで一人前の観光水先案内人を目指す少女の日常が描かれているのですけれど、これが侮れない。主人公たちは何気ない日常から素敵なことを見つけ出す才能あって、こういう見方もあるのかと気付かされる。日々の生活に追われる私が忘れそうになる大切なコトが詰まっている作品です。泣ける。

21 学園アリス樋口橘

学園アリス (1) (花とゆめCOMICS (2469))

学園アリス (1) (花とゆめCOMICS (2469))

 

こちらは妹に勧められて読んでいた作品。アニメも面白かった。アリスと呼ばれる能力を持つ人のみが入学できるアリス学園とそれを取り巻く人を描く作品。笑いもあり、恋愛もあり、友情あり。めげない、くじけない根性もあり、勇気づけられるいつの間にか完結していたので、もう一度読み返したいです。

20 中村工房(中村光

中村工房 (1) (ガンガンWINGコミックス)

中村工房 (1) (ガンガンWINGコミックス)

 

代表作に「荒川アンダーザブリッジ」「聖☆お兄さん」がありますが、それよりもずっと前。ガンガンWINGに不定期連載していた短編漫画を集めた作品が「中村工房」です。シュールでブラックユーモア溢れるツボがたくさんあって、とても面白いのでオススメ。

19 カードキャプターさくらCLAMP

カードキャプターさくら(1) (KCデラックス なかよし)

カードキャプターさくら(1) (KCデラックス なかよし)

 

全巻持っていた。子どももごっこ遊びのためにクロウカードを自作するほど好きな作品。さくらちゃんの「絶対大丈夫だよ」という言葉は、魔法の言葉だと思う。根拠は何もないけれど、自分を他人を信じているってことは本当にすごいこと。この言葉はこれからもきっと忘れることはない。

18 咲-saki-小林立

咲 Saki (1) (ヤングガンガンコミックス)

咲 Saki (1) (ヤングガンガンコミックス)

 

私が麻雀を始めるきっかけとなった漫画。やたらと胸の大きい美少女ばかりが登場する。それぞれがチートスキルを持っていて、普通の麻雀していないことが多いけれど面白い。タバコ臭くて、強面のおじさんたちがやる薄暗い賭け事という偏見に満ちた印象を壊した。私は点数計算が出来ないのだけれど、あがれるとテンションあがりますね。

17 東京喰種(石田スイ)

東京喰種 1―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)

東京喰種 1―トーキョーグール (ヤングジャンプコミックス)

 

人の姿をしながら人肉を喰らうことで生きる「喰種」をテーマにしたダークファンタジー。喰種たちが生きていくためには人間社会に溶け込む必要があり。けれども飢えから逃れることが出来ないから生きるために人を殺す必要がある。それを楽しむ人種もいるけれど、半人間、半喰種という存在になってしまった主人公の、どちらも理解できるからこそつらい現実と葛藤のストーリーに、どんどん引きこまれていく。最近東京喰種:Reという作品が始まりました。今後も注目しています。

16 ハンターハンター冨樫義博

HUNTER×HUNTER 30 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 30 (ジャンプコミックス)

 

ジャンプ漫画の中では一番好きかもしれない。昔のアニメもよく見ていた。ハンター試験編が一番好きだった。次々に繰り出される様々な課題に立ち向かう中で、時に協力し、悩み、友人を作り、成長していくテンポの良い展開で見ていて飽きない。私がちゃんと読んでいたのはキメラ=アント編までなのですが、今はどうなっているのか。

15 ヒカルの碁小畑健

ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス)

ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス)

 

私が囲碁に興味を持ったきっかけの漫画。完全に囲碁初心者だったヒカルが佐為を通して囲碁の世界を知り、塔矢アキラというライバルに出会うことで自らの意思で囲碁の世界へと足を踏み入れて行くストーリー。囲碁初心者であるヒカルが主人公なので、囲碁の説明もわかりやすい。ただ今でも漫画に書かれている棋譜は理解できない。勿論、わかったほうがさらに新しい楽しさが見つかるだろうと思っている。

14 シャーマンキング武井宏之

シャーマンキング 完全版 1 (1) (ジャンプコミックス)

シャーマンキング 完全版 1 (1) (ジャンプコミックス)

 

ジャケ買いした作品。買った当初は何の話なのかすら知らなかった。最後の方で連載打ち切りになってしまったのがとても悲しかった。完全版は読んでいない。朝倉葉の心のあり方が好きだ。霊を友人と慕い、ユルい性格で「なんとかなる」が口癖。  それでいて何事にも動じない心の強さを持っている。 彼の周りでは時間がゆっくり流れていて、誰かに叱咤されないとすぐサボリたがるような部分はあるけれど、彼の心のあり方に魅力がある。

13 PEACE MAKER黒乃奈々絵

PEACE MAKER 鐵(7) (ビーツコミックス)

PEACE MAKER 鐵(7) (ビーツコミックス)

 

私が唯一読んでいる歴史を取り扱った漫画。新撰組異聞PEACE MAKERから始まり、続編にPEACE MAKER鐵がある。史実に忠実なわけではないが時代の流れには沿っている。新撰組にそれほど思い入れがあるわけではないが、尊皇攘夷派や幕府崩壊の時代にあったかもしれない人々の葛藤や苦難、争いには心を打つものがある。藤堂平助が亡くなった時には泣いた。

12 フルーツバスケット高屋奈月

アニメも漫画もめっちゃ読んでいた。これも泣ける作品。草摩家の分家宅に居候することになった主人公・本田透と、動物憑きの奇妙な体質を持つ草摩家の面々との交流をメインに描く作品だが、奇妙な体質を持つが故の悩みやトラウマを持つ人がそれにどう向き合っていくのかを繊細に描いていることが特徴。心理描写に感情移入するとボロボロ泣けます。

11 夏目友人帳緑川ゆき

夏目友人帳 18 (花とゆめCOMICS)

夏目友人帳 18 (花とゆめCOMICS)

 

アニメから入った作品。妖怪が見える主人公夏目貴志と、祖母の遺品である妖怪の名前が書かれた「友人帳」、湧いて出るような妖怪たちと夏目くんを見守る人たちに焦点を置くストーリー。妖が見えるゆえの奇行が原因で、一時期親戚の間をたらい回しにされていたことがあり、心を閉ざしていたようだが少しずつ笑顔が見えるようになったり、人のために何かしてあげたいと奔走する姿が、ひねくれている私にはちょっと眩しい。でも読んでいると優しい気持ちになれる。

10 夜桜四重奏ヤスダスズヒト

デュラララ!!」で挿絵を担当しているヤスダスズヒトさんの漫画。こちらも妖怪と人間をテーマとした作品で、人間と妖怪が共存する桜新町が舞台。次々と起こる奇妙な事件の先で、街に隠された真実を知ることになるというストーリー。自分たちの住む街が好きで、街をよりよくするため、街を危険から守るために住人が一丸となって取り組む姿勢は勉強になる。

9 ハチミツとクローバー羽海野チカ

ハチミツとクローバー (10) (クイーンズコミックス―コーラス)

ハチミツとクローバー (10) (クイーンズコミックス―コーラス)

 

青春真っただなか、淡く切ない報われない恋愛や、若者ならではの自分の生き方について迷う大学生たちを描く作品を読んだのはこれが初めて。自分の初恋が叶わないと知る人、気を持たれていることを知りながら気付かないフリをする人、好きな人がいる人を好きになってしまう人。恋愛という言葉1つに主人公1人1人の様々な物語が詰まっている。やはり一番感情移入できるのはやはり平凡な竹本くんかな。読んでいる私自身も大学生だったこともあり、自分の現状と重ね合わせると色々考えさせられる作品だと思います。

 8 D.Gray-man星野桂

D.Gray-man (1)    ジャンプコミックス

D.Gray-man (1) ジャンプコミックス

 

「機械」「魂」「悲劇」を材料に造り出される悲しき兵器「AKUMA(アクマ)」とAKUMAの製造者で世界終焉への計画を進める「千年伯爵」。唯一AKUMAを破壊できる神の結晶「イノセンス」に選ばれた存在である「エクソシスト」達が、世界を終わらせないために千年伯爵たちを相手に勝ち目のない戦いに身を投じて行くダークファンタジー。暗い。圧倒的に敵が強すぎる中でも生きるために必死で戦う主人公たちの葛藤、戦いに胸が締め付けられる。全巻持っている。たびたび休載していたりするので、果たしてこれは終わるのかが心配。

7 中国嫁日記井上純一

中国嫁日記 一

中国嫁日記 一

 

一度他の記事で紹介したことがありますが、40代オタク日本人夫と20代中国人お嫁さんの日常を描いた作品で、主人公は瀋陽出身の20代の奥様、月(ユエ)さん。月さんの過ごす日本と中国の違いから来るカルチャーショックに近い出来事の数々が、4コマ漫画と言う形式で可愛らしくかつコミカルに描かれています。特に月(ユエ)さんがとても可愛らしく、ニコニコとした笑顔を見るとホワッとした温かい気持ちになります。

6 ナイトメア☆チルドレン藤野もやむ

藤野もやむ作品の中で一番初めに読み、最も気に入っている作品。邪眼(イーヴル・アイ)と呼ばれる特殊能力を持った瞳の子供(ナイトメアチルドレン)と親友だった少年少女を巡る物語。特殊な力を持って生まれてしまうために災いをもたらすとして最後には退治されてしまうナイトメアチルドレンの辿る悲しい運命をどうにかできないものかと思っている。

5 タビと道づれたなかのか

海が近く、山の上に展望台があり、田舎の家の間にある路地裏が魅力的な緒道が舞台。数年ぶりに帰ってきたかつて住んでいた街が、外部から隔絶されて夏の1日だけを繰り返す奇妙な街に変貌していて、移動できる道と出来ない道がある。その街の謎を解く中で、自己評価が低く後ろ向きな性格の主人公であるタビが周りに助けられながら、少しずつ前向きな方向へと成長しはじめる様子を見ると、元気を貰う作品。

4 あずまんが大王あずまきよひこ

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)

あずまんが大王 (1) (Dengeki comics EX)

 

私が中学生時代、友達に貸してもらって読んだ4コマ作品。高等学校を舞台にした学園物コメディで、学園生活につきもののテストや学園祭などの行事とリンクしていて、何気ない日常生活をメインに描く作風は当時は珍しかったのではないかと思う。本名を忘れがちな大阪が好きで、私が大学受験をする際には大阪が真面目にやっていた割り箸占いをやり、「あの大阪ですら大学生になれたのだから私でもいける」と本気で思っていた。

3 エアギア(大暮維人

空を自由に飛べたらどんなに気持ちいいだろう、と空を駆け抜ける爽快感がお気に入り。私自身は身体能力が高くないので実際には難しいだろうけれど、昔あったローラースケート、ローラーブレードの進化版みたいな感じで、こんなものが出来る時代がもしかしたら来るかもしれないなとワクワクしながら読んでいた。ちょっとエロイけどね。独自の走りを見せるA・Tチームとの試合もスピード感があり面白い。

2 ハイキュー(古舘春一)

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

 

前作「詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。」が気に入っていたから、読み始めた作品。元々バレーボールにはまったく興味がなかったのですが、登場人物同士のテンポの良い会話は健在、スマッシュやサーブなど、試合の中でのスピード感がとても爽快に描かれていて、見事に引き込まれました。本当に試合を見ているかのようなドキドキがたまりませんね。大好きな作品です。

1 ワールドトリガー葦原大介

ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス)

ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス)

 

1~3位は同列くらいなんだけれど、最近、読んでハマッている漫画として1位にさせてもらった。世界からの侵略者であるネイバーと世界を守るための防衛組織であるボーダーの戦いを描くSFアクションですね。その勢いとアクション、キャラクターに惹かれているだけかもしれないけれど、好きだからしょうがない。

 本日のまとめ

案外、長かった。これを100作品もまとめるなんて凄い。けれど、私こういうモノに興味があるんですという自己紹介代わりになるかもしれないですね。