読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

運命の分かれ道、正社員になりたいのか否か選べ

働く・仕事 日記

実はちょっと前、仕事終わりに派遣元の営業さんに呼び出されて、今働いている会社の部署の方からの苦言・改善点を言い渡されました。総括すると、コミュニケーション能力が欠如しているという話でした。

そんなことは昔から知っています。

f:id:rntriple6:20141019151433j:plain

その後、説教のようなものと「郷に入らば郷に従え」的なアドバイスを受け、改善できなければこの仕事は今年いっぱいかもしれませんねと脅されました。本日はその話をかいつまんで紹介しつつ、今後の生き方について考えたいと思います。

会社で求められるコミュニケーション能力って何?

「コミュニケーション能力」と一言で言われても正直よくわからないのですけれど、おそらく「職場の上司・同僚との円滑な人間関係を築くこと」を指していると思います。もしくは社内での立ち回り方みたいなもの。

私が会社で働いていた3か月を振り返った時、初めての会社で果たして仕事についていけるのか。自分でも働いていくことができるのかという不安と緊張に晒されている状況でした。まぁ簡単に言うと、自分のことで精一杯だったんですよね。

さらに初対面の人と笑顔で会話を続けることも苦手で、基本的に1人で行動するのが好きということもあって、ずっと社員とのコミュニケーションを取る絶好の機会と言われていた食堂ランチを避けて、お弁当を持参していました。

常に緊張した面持ちで、社員とのコミュニケーションを仕事上必要となる最小限にとどめ、笑顔が少ない(もしくは固い)、感情が読み取りにくい私は周りの人から見ると「え、この人本当に大丈夫かな・・・」と思われていたのでしょう。

会社としては仕事を進めて行くための、私としてはお金を得るための、契約に基づくビジネスライクな関係で事足りると思っていたのですけれど。職場の上司・同僚との信頼関係を築くためという点から見ると、話しかけにくい上に何を考えているのかわからないというマイナスな印象が目立ってしまったのでしょう。

私にも至らない点が色々あった、そう思います。

ただいきなり笑顔で誰かに話しかけたり、雑談することはハードルが高い。基本的に会社にいる社員に興味がないので、ランチ時の会話も出来ない。私にも出来ることと考えると、挨拶と質問くらいしか思いつきません。挨拶はこれまでもやってきたつもりですが、今まで以上に気をつけてやろうと思います。

「みんながそうなんだから、おまえもやれ」はおかしい

あと興味深かった話が「郷に入らば郷に従え」という話でした。その時、聞いた話は要約するとこんな感じ。

会社に居る人たちは人間味に溢れている人が多いんだよね。 思ったことはハッキリ言うし、笑顔に溢れていてハキハキしている。 例えば御飯を食べていてそれが凄く美味しかったら、「ウォ!なんだこれ、 すげーうまい!皆、これ食べてみろよ!」みたいな反応をするような感じ。

今後、働いていく中でそういう人たちと接しながら意見をまとめたり、人を動かしたり、説得したり、時には自分の意見を通す必要が出てくるかもしれない。会社の中でうまくやっていくためには、貴方自身もそういう人間になる必要があるよね?

「人間味」という言葉が示す所もイマイチわかりませんが、その論理はおかしい。

確かに周りからの印象という面から考えると、確かにハキハキしていて笑顔が溢れる人の方が魅力的に見えると思う。あとは皆がそうだからというよくわからない協調性(同調圧力)が安心感を呼ぶ部分もあるだろう。

けれどだからといって、そういう人間になる必要はない。それぞれの会社に独自のカラーや社風があるというのは理解できるけれど、一歩引いて冷静に周りを見渡して、人の意見を聞いたりまとめたりすることは出来るはずだ。私がそれを出来るとまでは言えないけれど、会社のいう人間性がなくとも出来ることだと思う。

「郷に入らば郷に従え」が正しいこともあると思うが、全て正しいとは限らない。そういう人が欲しいんだったら、働き始める前の面談で言ってほしかったな。

正社員になりたい気持ちがあるなら、謝罪しろ

説教のまとめとして、そういう話になりました。なぜだ。正社員になりたいという強い思いがあるなら、 

○○さんから話を聞きました。私にも至らぬ点があったと思います。 皆さんに迷惑をかけてしまったこと、とても申し訳なく思っています。 3か月働いてみて、働いている社員の方々もとても親切にしてくださいますし、 こんなに良い会社はないと思っています。是非御社の正社員になりたいと思っております。 指摘された点に関して改善に努めますので、どうか、どうか!もう一度チャンスを下さいませんか?

的な謝罪をしなければならないらしいです。心をこめて。なるほど、わからん。泣き落としか?と思っていたら、マイナスの印象を払しょくしようという戦略でした。派遣社員はこれほどまで弱い立場なのですね。

断れない雰囲気だったのでやりますと言ってしまいましたが、そもそも出来るだけ働きたくないという熱い気持ちしか持っていないので、上記のセリフを心をこめて言うのは難しいなと心の奥底で考えました。

さて、どうしましょう。

いっそ正社員になる気はありませんが、指摘された点に関して改善を努めていきますので、契約期間満了する日まで働かせて下さいと正直に言った方がいいんじゃないかとすら思います。

本日のまとめ

働くって難しい。特に人間関係。

人間関係、他人とコミュニケーションを取るという点は、小学生時代からずっと悩まされてきた。私のコンプレックスでもある。勿論指摘されたことを「出来ない、無理!」とつっけんどんに返すつもりはない。

私に足りない部分があると、それを教えてもらったと思えば儲けものだ。それは今後も、少しずつ改善していきたいと思っている。

けれど基本的なスタンスは「出来るだけ働きたくない」だったし、紹介予定派遣で働きながらも、実は正社員になるつもりがなかった。派遣先も派遣元も騙していたような気もしていて、うぅむどうするべきか。

いますぐ契約を切られることはないとは思うけれど、来週の月曜日、何を言うかが運命の分かれ道になるかもしれません。