読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

和歌山旅行に行けなくなった根本的失敗と今後

日記 旅行

なん、だと・・・。

f:id:rntriple6:20140628152635j:plain

5月、6月と和歌山旅行計画を練りに練り直し、ついにそのまま旅行に出ることが可能な詳細かつ綿密な計画書を立てたというのに、受け入れ先であるNPO法人にメールでアポイントを取った所、「ちょうど地域おこし協力隊(研修生)を受け入れる時期と重なっていて難しいです。8月末や9月末なら可能なんですけれども・・・」という丁寧な内容の返信がきていました。

私の失敗:実は、アポイントを取り方間違えた

計画の立て方は完璧だったかもしれないが、それはじゃらんとか楽天トラベルとか、もしくは宿泊公式HPがあるようなネットでの宿泊予約が出来る場合のみ。刻々と変化する受け入れ先と連絡を取り、双方の了承を得た上で取材するみたいな日程調整は今までやったことがなかったのである!

旅行予定を考える前に、まず受け入れ可能な3か月程度先くらいの予定を相手から聞いた上で、実際に行く日取りを決めるべきでした。これは完全に私のミス。アホ、私のアホ・・・また1つ学びました。これは今後に生かされるでしょう。

まぁ日程的にも、ちょうど7月末といえば学生は夏休み。社会人も夏季休暇を利用して、大型連休を取得するような季節の始まり。どこもかしこも混雑するような時期は避けなければならない、これ鉄則。

きっと「和歌山行くな」という神様のお告げ

ということで、7月末に和歌山にいけないとなるとその後の予定はわからない。なぜなら元々7月を自主休暇と称して、自分の今後を考える期間としておき、8月からはまた新しく仕事を探して働き始める設定だったからです。

8月末、9月末ならば受け入れ可能と言われても、私の方が難しい状態になるわけです。青春18切符でもない限り、和歌山行くのお金かかるし。こちらが立てば、あちらが立たず。これはきっと、神様か何かが「おまえは今和歌山に行くべきではない」と、お告げ的なことをしてくれたに違いないと思い、さっぱり諦めることにしました。さようなら和歌山。

和歌山旅行、NPO法人山の学校に始まる、熊野川の取り組みレポートを期待してくださっていた方が(もし)いましたら、ごめんなさい。

5泊6日で3万円旅行プラン、あげます

まぁいつか、機会があったら、和歌山は行けると思うし、多少ずれても青春18切符利用期間であれば、いつでも使える旅行プランも立てたので、「代わりにオレが行ってきてやるよ!」という方がいるかもしれないと思い、ここに公開しようと思います。

住んでいる場所によって多少スタートとゴール地点が異なると思いますが、バスなどの運賃、京都に寄り道、名古屋でひつまぶしを食べるに至るまですべての宿泊費と交通費、寄り道観光プランを含んでいて、たったの3万円です。ニートなど時間に余裕がある方におススメのプラン設定になっていると思いますよ。

よかったら使ってください⇒5泊6日和歌山旅行プラン

本日のまとめ

和歌山に行けなくなったので、第2プラン・新潟温泉旅行に行くことを計画中です。また当初和歌山に行くので行かない予定だった7月の棚田オーナーイベントに参加できそうなので、青春18切符を使って、新潟温泉旅行⇒南会津に移動して、かぼちゃ収穫、さつまいも収穫をやろうと思います。行ける所、やれることから今後を考えようと思います。