読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

喉の痛みを治す大根生姜はちみつシロップの作り方

2月11日、14日~15日と都心では滅多に見られない大雪になり、見事に風邪をひいたという話をしました。特に喉の痛みと痰がひどかったのですが、余計なお金を使いたくないという気持ちと病院嫌いもあって、自力で風邪を撃退しようと思考錯誤をした時、喉の痛みに聞く画期的なモノに出会ったので今回はそれを紹介したいと思います。

きっかけはNAVERまとめサイト

夕食を作る時のレシピ探しでもNAVERまとめをよく使うので、喉の炎症に聞く食材を使って夕食を作ろうと思い、Google先生に聞いてみました。

すると出てきたのは、このページ!

喉が痛い時に食べると良い16の食材とそのレシピ - NAVER まとめ

f:id:rntriple6:20141204101910j:plain

喉の炎症を抑える作用がある食材は大根、はちみつ、レンコン、咳や痰を沈める効果のある梨などがあり、それらの食材を使ったクックパッドのレシピがまとめられていました。冬の時期にある食材とそうでないものもありましたので、自分の家の冷蔵庫にあった、大根、はちみつ、生姜を使って「大根生姜、はちみつ」を作ることにしました。

大根生姜、はちみつシロップの作り方

参考にしたレシピ記事は、

☆風邪、喉に『大根、生姜はちみつ』保存版 by rakuen [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが166万品です。基本的な作り方は同じですが、 材料の切り方にアレンジを加えています。

<材料>

  • 大根 適宜
  • 生姜 適宜
  • はちみつ ひたひたになる程度

<作り方>

  1. 大根の皮をむき、薄いイチョウ切りにする
  2. (できれば生の)生姜をすり下ろす
  3. タッパーなどの容器に1と2を入れ、はちみつをひたる程度に入れる
  4. 冷蔵庫の中で3~4時間程度置く
  5. 大根のサイズが縮み、はちみつの上に浮いてきたら完成

食べてみた感想

3~4時間放置プレイしたタッパーを開けると、大根おろしのようなすさまじい大根の匂いがしますが、味は至って普通のはちみつです。大根の消炎作用が溶け込んでいるので、基本的にはこのシロップを食します。勿論縮んで小さくなった大根も、はちみつ漬けのお菓子みたいな感じで、ぽりぽり食べられます。

オススメの使い方は、カップに大さじ1のシロップを入れ、そのままお湯と混ぜて飲むことです。紅茶にまぜて飲むのもやりましたが、白湯の方が喉に効くような気がしました。朝に1杯、夜に1杯飲み、それを3日ほど続けると、喉の炎症が治まりました。

病院に行くほどでもないけど、喉の症状をどうにかしたいという方がいらっしゃれば、是非1度試してみてはいかがでしょう。