読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

就職活動とハイソックス

冬の就職活動って、足元冷たくありませんか?

ここ最近は用事がなくて、あまり外出することがないのですが、 外に出ると「就職活動中です」という感じのスーツ姿の男女を見かけます。 風が冷たいので、皆さん温かいそうなコートを着てますよね。 でも足元を見ると、特に女子は寒そうだなぁと思います。

私が就職活動していた時は、夏も冬も関係なくパンツスーツだったのですが、通気性のよい夏用パンツを冬用に変えたとしても、寒いモノは寒かったですね。皮靴であるパンプスに薄っぺらいストッキングという時点で、 足の冷たさが際立つ気がして、仕方がありませんでした。

最近寒いので、就職活動における寒さ対策について、私のどうでもいい体験談を交えて、紹介したいと思います。

足元の寒さ対策~一般編~

まず、就職活動における服装マナーみたいなものによると、少し厚めのストッキングを履くのが良いとされるようです。中にはタイツを履いてもOKという解答もありましたが、カジュアルなイメージがあるので、ビジネスフォーマルの観点から考えるとNGと考える人もいるようです。

またちょっと面倒くさいですし、いらない荷物が増えてしまいますが、会社の最寄り駅や近くのデパートなどに入って身支度が整えられるなら、移動中は厚めのソックスやブーツを身につけて防寒対策をするのもありですね。

私の寒さ対策~良い子は真似しないでね編~

就職活動に必須アイテムのストッキングが、私大嫌いなんです。今思えば、自分の足にパンプスがあっていなかっただけなんですけど、薄いストッキングを履いた状態で外を歩き回ると、足のかかとがすりむけて気がついたら血がにじんでいた……みたいなことがしょっちゅうありました。

好き嫌い言っている場合ではないのですが、履かなくてはいけない状況でもない限り、避けたいアイテムです。そんなストッキングに対する悪印象+冬の寒さの中にいたら、足が死んでしまうと思った私が手に取ったのは、あろうことか『ハイソックス』!!

一般的にストッキングの色は肌色がいいと言われていますが、そもそもストッキングでも、タイツでもなく、ハイソックス。カジュアル具合で言えば、ダントツ1位に輝くハイソックス。しかも紺色で、チェック柄の模様が入っている奴でした。

チェック柄はパンツスーツに隠れたので問題ありませんでしたし、足元があったかくて、足が擦れないとあり、私的には画期的アイテムでした。

ハイソックスから学んだこと

服装マナーについて調べて行くうちに、『正直な所、"見た目採用"はある』という言葉が見つかり、「なんだって・・・?」と戦々恐々しましたが、私には紺色のチェック柄付きハイソックスを身に付けた状態で、就職活動を乗り切ったという(どうでもいい)実績があります。そこから言えることは「案外、バレないな」という一言につきます。

まぁ、履いているストッキングに穴が空いていたり伝線していたりすると、第一印象が悪くなると思いますが、ハイソックスだろうとなんだろうと、正直、清潔な格好であれば何でもいいと思います。

皆さんも、服装マニュアルに踊らされず、清潔な格好かつ温かい服装で、就職活動とかに臨んだらいいんじゃないでしょうか。