空想島(6畳半)

空想をすることが、生きる糧となり地となり肉となり

コミュニケーション

色のない世界と鮮やかな世界

「言葉が不自由」最近、よくそう思う。 (illustration by くちばしかけた) 自分に話しかける時はどんな言葉だって掛けられる。元気が出る言葉も、自分を奮い立たせる言葉も、甘やかすことも、慰めることも滅多打ちにして息絶え絶えにすることも、認めて許…

家族で楽しめる、町田「花のやまフィールドアーチェリー」に行ってきた

涼しくなったらやろうと決めていることがあった。 それが家族全員でアーチェリーをすることでした。 なんでいきなりアーチェリー?と思うかもしれないけれど、特に意味はない。大学時代の部活でアーチェリーをやりたいなと思う程度には興味があったのだ。ま…

アドレス帳の断捨離で、人とのつながりを再確認した

最近、スマホのアドレス帳から目的の人物を選んでメールをするよりも、LINEを使うことが多い。といっても私には広く浅い友達がほとんどいないので、主な使い方は家族との連絡手段となる。例えば「今から帰る」とか「今日は残業だから帰るの遅くなる」とか、…

オフ会は、もう、やめようと思う

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。 予告していた通り、先週9月5日は空想島主催の3回目のオフ会@曳船でした。前回はオフ会は開催1週間前に告知するっていう暴挙だったので、1ヶ月前から告知していましたが。最初の2週間くらいは参加してくれる人なんてい…

零れ落ちてしまう人たちを繋ぐためにはどうすればいいのか

第2回オフ会@神楽坂関連の第二弾。 「オフ会」なんて格好つけてみたものの、参加してくださった3人のうち2人は間接的に1度お会いしたことがあったり、大学時代に技術系のイベントで何度かお会いしたことがある知り合いでして。なので1人「初期の頃から購読…

初夏の神楽坂「蕎楽亭」で美味しいお蕎麦を堪能してきた

みなさん、いかがお過ごしでしょうか。 予告していた通り、本日6月13日は空想島主催の2回目のオフ会@神楽坂でした。開催1週間前に急遽「イベントやります!」と言い出したせいで、興味を持ってくださった方々の予定合わないなんてこともありましたが。嬉し…

「神楽坂」がトラウマになってしまったんだけど

神楽坂と聞くと、どんなことを思い浮かべるだろうか? 甘味処やお洒落なカフェがあり、ひとりで散歩するのもいいし、色鮮やかな鳥居のある赤城神社に心惹かれる。大正時代に盛った花街としての雰囲気や趣が今もなお残る石畳の路地裏はぜひとも写真を撮りにい…

聴覚情報を処理するのが苦手というコンプレックス

突然ですが、聴覚から入ってきた情報を処理するのが苦手なのでは?と考えさせられる出来事がありました。 実はこういうことは他にも結構あって、例えば自己紹介の時に人の顔を見てその人が名前を言ったとしてもすぐに忘れて1回で覚えるのは難しいですし。時…

感情が溢れ出して止まらない涙との付き合い方

この頃、なんか涙腺がゆるんできたように思う。けれど感情に任せて、わんわんと泣き喚く感じではない。悲しいわけじゃないのに、溢れ出す涙が止まらないのだ。 (illustration by petite*pomme) 漫画の一節、台詞ひとつで涙がポロリとしてしまうし、アニメ…

まったりのんびり、カレーランチオフ会@渋谷に行ってみたよ

本日(3/14)(ずっと気になっていたのだけれど)日程が合わなかったり、ニートをしてたからお金がなかったりして中々参加できずにいた、鈴木コアラさんのオフ会に初参加してきました。人見知りだけど、そんなの関係ない。 【オフ会告知】3月14日(土) 渋谷…

なぜその人が苦手だと思うのか、そこに私が持たないものを見るからだ

仕事から帰ってきた妹と職場にいる苦手な人という話をしました。仕事上の関係で切っても切り離せなくて1日に1度は話さなければならないけれど、生理的に合わない人もいますし、自分のことは棚にあげて人の批判ばかりする人、まぁ世の中にはいろんな人がいま…

人に喜んで欲しいと自然に思うのか、義務を思うのか。

突然ですが、私は普段からひとりで行動することが多いです。年に数回、衝動的に行く温泉旅行もひとり旅が多いですし、休日に街に出かける時もふらふらとひとりで歩いてますね。 私が普段ひとりで行動することが多いのは、誰かの目を気にすることなく、自分の…